上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
今年2016年7月2日(土)に森忠政公の菩提寺であります本源寺(岡山県津山市)で万灯会が催されます。
出雲街道から本源寺さままでの道の両側と御霊屋、裏庭等々にも灯りがつく予定だそうです。

また、後日になりますが、7月7日(木)の森忠政公のご命日には法要も執り行われます。
いただいた情報とチラシ画像とをアップしておきますね。

個人的には”精進カレー”というのがどういうものなのか気になります(容赦なく肉ぬきという事なのでしょうか…(^_^;))。

美作国万灯会
・日時:2016年7月2日(土)18:00-21:00
・会場:本源寺
・拝観料:無料
・献灯料:300円(中学生以上)
・無料演奏会、出店あり

本源寺 特別拝観
・日時:2016年7月1日(金)-7日(木) 10:00-16:00(最終日は午後のみ)

津山藩主 森忠政公 毎歳忌法要
・日時:2016年7月7日(木)10:00-
・会場:本源寺本堂

DSC02420.jpg
DSC02421.jpg

05/30|森家コメント(0)TOP↑
『近江輿地誌略(おうみよちしりゃく)』にある森家関係の項目の抜き書きです。

『近江輿地誌略(おうみよちしりゃく)』とは、膳所(ぜぜ)藩士であった寒川辰清が藩主・本多康敏の命をうけて編纂した地誌で、享保19(1733)年に完成したものです。
以下、『近江輿地誌略(おうみよちしりゃく)』より引用。

〔宇佐山城跡〕
宇佐山は錦織村の西にあり。宇佐八幡社あるを以て其號となす。此古城址二町四方許、山上に樓臺等の址顕然たり。土俗云ふ鈴木三左衛門居城の址なりと、臣按ずるに非也、元亀元庚午年五月九日信長暇を義昭に告げ京を出でゝ近江に到り、城を宇佐山に築き森三左衛門可成をして之を守らしむ。浅井長政、朝倉義景等之を攻む。同九月可成戦死の後、其臣武藤五郎右衛門及肥田玄蕃等暫く在城すと雖も戦死して遂に落城せり。 森三左衛門の事跡は坂本来迎寺の條下に記す。
〔森三左衛門墓〕
来迎寺境内にあり。森三左衛門尉源可成の墓なり。法名・心月浄翁居士といふ。嘗て可成、元亀元年九月二十日坂本合戦の時瀬戸在家の邊にて戦死す。来迎寺の住僧眞雄上人遺骸を此寺に瘞む。瀬戸は東南寺の邊をいふ。三左衛門可成は美濃蓮臺の郷士越後守重可が子也。されば朝倉の大勢宇佐山へ攻めかゝる堅田の城より織田九郎信治城主青地駿河守泰資、宇佐山の後詰せんと馳せ向ふ。三左衛門信治を打せてかなはじと打て出で朝倉勢と挑戦、朝倉孫三郎景健、山際より横鎗についてかゝる。浅井石見守・大野木土佐守長濱より渡海し是も横鎗に攻掛りければ、・織田・青地以下、前後の敵に包まる。森三左衛門今は是までと北庄土佐守景行が備へに駈入り、遂に石田十蔵が為に打たる。織田九郎にも大陽寺右馬介景春が陣に駈入り、五十嵐小太郎と指違へて死す。青地駿河守は浅井長政が備への前にて戦死せり。
〔安土古城址〕
安土山に在り。安土山高さ二町許、廻り一里半余、頂上に天守あり、今に其跡石垣等の跡顕然たり。本丸二ノ丸三ノ丸等間数高低詳に知れがたし。家康公及羽柴秀吉・武藤助左衛門・青木加賀右衛門・中條将監・武井肥後・織田信忠・長谷川竹・織田七衛・森蘭丸・福富平左衛門・市橋九郎左門・菅谷九右衛門・堀久太郎等が屋敷跡在り。安土山の内に薬師山・笛吹尾・源左衛門鼻・梅ケ谷・あみが鼻・われ尾・永尾等云ふ処あり。悉く書し難し。抑此城は織田信長下知して惟任五郎左衛門長秀奉行す。
〔桐原郷(きりはら)〕
安養寺村・東村・古川村・森尻村・中小森村・池田村・竹川村、以上七村をいふ。
〔薬師村〕
七里村の東にあり、小口村より六七町北也。昔は薬師寺とて大寺これあり、坊も六坊ありといふ。今僅かに一坊を存す。

以上、引用終了。

管理人の補足です。
〔宇佐山城跡〕宇佐山城は落城していないのに「落城せり。」と書いているし、武藤五郎右衛門や肥田玄蕃らも戦死していないのに「戦死して」しまったことになっているなど、文中には間違いもありますがそのまま書き出してみました。
〔森三左衛門墓〕森可成は比叡辻で戦死していたとされますが、ここでは「瀬戸在家の辺=東南寺あたりで死んでた」とピンポイントで書いていますね。いちおう、比叡辻の道筋にあたりますね。 瀬戸在家の辺り・・という情報は現地の人に伝承の聞き取り調査でもした結果でしょうか?何も書いていないので信憑性はわかりません。(^_^;)謎
〔桐原郷〕〔薬師村〕は森蘭丸の所領の一部です(残りの所領「西山上」と「須恵田」の記述は見つけきれず)ので、ついでに書き出してみました。





05/29|森家コメント(0)TOP↑
Google map 【新・森家史跡めぐり】 県別一覧表

全国の森家史跡を県別にマッピングしています。
(未作成)となっている県も随時公開していきます。
こうして一覧表(このページ下方)にまとめてみると未作成の県ばかりですね。(^_^;)
すでに作成済みでリンクをはっている県についてもまだピンを立てていない史跡が沢山ありますので、それも今後追加していきます。
未作成の県はでき次第このページにリンクをはりますね。
更新状況は「RANMARU!」サイトの更新履歴などでお知らせします。

なお、「RANMARU!」サイト内の森家史跡(文字&画像)の紹介ページはこちらです。
→「森家史跡



Google map 【新・森家史跡めぐり】 県別一覧表
県名をクリックするとGoogle mapが表示されます。

《関東》
栃木県
千葉県
東京都
神奈川県

《中部》
新潟県
福井県
山梨県
長野県
■岐阜県1 兼山
■■ (岐阜県可児市)
岐阜県2 東濃エリア史跡
■■ (多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市)
岐阜県3 中濃エリア史跡
■■(美濃加茂市、可児市、関市、美濃市、加茂郡、可児郡、郡上市 )
岐阜県4 岐阜・西濃エリア
■■(岐阜市、羽島市、各務原市、山県市、本巣市、羽島郡、本巣郡)
■■(大垣市、海津市、安八郡、揖斐郡、不破郡、養老郡 )
岐阜県5 飛騨エリア
■■ (飛騨市)
 (おまけ:「多治見」)
静岡県
■愛知県(未作成)
三重県

《近畿》
滋賀県
 (おまけ:姉川古戦場めぐり
京都府1(京都中心部)
京都府2(京都市伏見区、長岡京市、宇治市、亀岡市)
大阪府
■兵庫県(未作成)
 (おまけ:「兵庫Ⅱ」)
和歌山県

《中国》
■岡山県
広島県

《九州》
福岡県
佐賀県
鹿児島県


《海外》
韓国



05/17|森家コメント(0)TOP↑
先日、岡山県津山市で講演をした時に、聴講くださった方から
『津山城近くの丹後山にキリシタン墓地がある』
『森忠政はキリシタンに対しておおらかだった』
というお話とともに、
『19世紀のフランス人外交官が海外にある日本の切支丹関係の記録をまとめたものに忠政の事が出てくる』
ことを教わりました。

で、福岡に戻ってから、その記録――フランス人外交官レオン・パジェス(Léon Pagès)が書いた『Histoire de la religion chrétienne au Japon 』の原文を探し当てました。

Histoire de la religion chrétienne au Japon
https://archive.org/stream/histoiredelarel02paggoog#page/n11/mode/2up

上のデータ書籍の320ページの本文最終行から321ページの5行目までが該当箇所のようです。
このデータの森忠政の部分を引用しておきます。


(引用開始)
Le prince de Mimasaka fit dire à la cour qu'il n'existait plus de chretience sur ses tress, et il ferma les yeux. Près de sa capitale était un beau cimetière, ou les chrétiens allaient faire leur prière; au centre s'élevait une croix magnifique, de 15 palmes de hauteur, comme pour vérifier les paroles du psaume: Dominare in medio inimicorum tuorum(1).

(1)Ps.CIX2.

(引用終了)


『Le Prince de Mimasaka(ル プランス ド ミマサカ)』=森忠政
なんか、かっこいいですね!
カボチャパンツはいて、マントをなびかせつつ白馬に乗ってきてくれそうですね!
それにしても、seigneur(シニョーレ)じゃなくて、prince(プランス)なんですね。

この日本語訳が岩波文庫から『日本切支丹宗門史』というタイトルで出版されているので(でも絶版)、図書館で借りてきました。


『日本切支丹宗門史 上巻』岩波文庫
レオン・パジェス (著)
吉田 小五郎 (翻訳)

(引用開始)
p.404-405
美作の領主(森忠政)は、領内にキリシタンはをらぬと政廰に報告させ、目を閉じた。
彼の城下(津山)の近くに、或る美しい墓地があつて、キリシタンはそこに行つては、祈祷を捧げてゐたが、その中央に高さ十五パルムの素晴らしい十字架を立てた。之は「汝はもろもろの仇の中に王となるべし(※)」Dominare in medio inimicorum tuorumといふ、詩編の中の言葉を實現するためのやうであつた。


※ 詩編 ps. CIX,2.



文中の「祈祷」の「祷」はもっと複雑な異字体「禱」を使っていますが、環境依存文字なので常用の文字のほうで表示しました。
…1938年の出版物とあって、岩波文庫の日本語訳も古さを感じる文章ですね。(^_^;)

私は一応フランス語は少しかじった事があるにはあるのですが、使わなくなって久しく翻訳に自信がごさいません…。
でも、古文書でも外国語でも原文を自分で精査してみないと納得できない性格なので、表現にどういった単語が使われているのか気にかけつつ訳してみました。



(管理人の日本語訳)
美作の王子(森忠政)は、もはや領内にはキリシタンは存在しないと幕府に報告して黙認した。
その都(津山)の近くには美しい墓地があり、そこでキリシタン達は祈祷を捧げていた。中央には高さ15パルムの素晴らしい十字架が立っていた。それはさながら詩編にある言葉『あなたはもろもろの敵のなかで治めよ』を実証するかのようであった。




少しはわかりやすくなったでしょうか…。

岩波文庫の日本語訳の『目を閉じた』の意味がよくわからなかったのですが、原文は” il ferma les yeux”で、文字通りに訳すと確かに『彼は目を閉じた』ではありますが、この”fermer les yeux”は『黙認する』という意味にも使いますので、そう書いたほうが判りやすりと思いそのように訳してみました。

岩波文庫訳の『政廰(政庁)』は、原文では"cour"、これは英語で言う"court"で『王室』という意味です。
日本においては徳川幕府のことが当てはまるでしょうから、そのように訳してみました。

『15パルム』は原文では"15 palmes"。”palm”はもとは「手のひら」という意味ですが、長さの単位としても使います。
で、15パルムは何センチなんだーー!!!
と、なるとよくわかりません。
palmはヨーロッパの国や時代(古代-現代)によって変動があります。手のひらの幅で計る地域では訳7.6cm-10cmくらい、手のひらの長さで計る地域では18-25cmくらいです。
これを書いた19世紀のフランス人レオン・パジェスさんがこの記事を記すにあたり、引用元にあった記述をまんま引用してきたか、それとも、レオンさんの当時のフランス基準で計算しなおした上で記事を記したものなのかわからず、答えが出せませんでした。
一応、中世おフランス方式ではだいたい1パルムが25cmなので、15×25cm=375cmでしょうか(ご意見お待ちしております。)。
でけーよ!!!バレるよ!!
それはヤバすぎるよ!!
そんな露骨に十字架を立てていたとしたら、さすがに忠政も黙認できないで倒しにかかると思うんですが、原文が”une croix magnifique(素晴らしい十字架)”…この形容詞”magnifique”は「壮麗な」とか「豪華な」という意味合いを含む「素晴らしい」なので、そのくらいの迫力はあったのかもしれません。

ただ、「森忠政」、「十字架」というと、森忠政の使っていた筆文字の『十』文字の家紋がちらつく私です…。

忠政が使っていたその十字紋を以って”忠政はキリシタンだった”説もあったようですが、私の個人的意見では、あの一向宗(浄土真宗)に超絶ウルトラ熱心な母や叔父の元で育った忠政がキリシタンに傾倒するとは考えにくいものがあります(あくまでも個人的な想像です)。

そして原文最後の「Dominare in medio inimicorum tuorum.」はラテン語です。
文字通りに訳すと(ラテン語は大学の選択科目で1年間習った程度の初心者です)、
「あなたの敵の真ん中で治めなさい。」
となります。
この言葉については、日本語訳の聖書からかっこよい言い回しを引用すると、
『あなたはもろもろの敵のなかで治めよ』
とのことです。
聖書の世界については深く知らないのですが、手元にある資料で少し調べた限りでは、この言葉の発言者は主ヤハウェ(万物の創造者である神)であり、「あなた」というのはダビデ王(もしくは別の王)のことらしいです。
岩波文庫の訳が「汝はもろもろの仇の中に王となるべし」となっているので、「王」の言葉につれらてこれは森忠政に対して言っているものと勘違いしそうになりますが、フランス語の原文を読むと、この言葉は十字架を立てて祈祷を捧げるキリシタン達に対して言っていることがわかります。

ところで、この記事のことを教えてくださった方が話していた『丹後山』がどこにも出てこない…。Σ(゜□゜;
そういえば、松田重雄という方の著作本もお手にお持ちだったから、そっちに載っていたのかしら。(^_^;)



12/13|森家コメント(6)TOP↑
『秀吉・利家・家康』(石川県立歴史博物館)という図録の38ページに『秀吉公御成之記』の画像が掲載されていて、そこに
金山侍従(=森忠政)」の名が出てきます。

◆『秀吉公御成之記』
文禄三(一五九四)年、四月八日、秀吉が聚楽第西側の前田利家邸を訪れた際の献立表を記したもの。
(図録解説より)


で、この『秀吉公御成之記』は登場人物も多く、献立も詳細に及んでかなり長い内容なので、忠政の登場する所だけ超絶抜粋してしまいます。
_______________________


◆ 「御沓 金山侍従」

◆「御妻戸御簾 丹波少将
        金山侍従」

◆「初献 御酌 飛鳥井中将
      てかハり 金山侍従」

◆「ニ献 御酌 飛鳥井中将
      てかハり 金山侍従」

◆「三献 御配 飛鳥井中将
            金山侍従」



※「ニ献」「三献」の部分は図録の画像に収められていなかったので石川県立博物館さんに教わりました。
「御配」が「御酌」の誤記か否かは不明とのことです。
________________________

この時、豊臣秀吉は公家風なやり方で牛車に乗って前田利家の家にお出かけした訳ですが、秀吉に付き従った多くの大名の中に森忠政もいて、「御沓」「御妻戸御簾」「御酌」の役をしたようです。

…ああ、昔々、森可成(利家とは親友)なんかは浪人中の前田利家の元に(きっと差し入れなんかを片手に)思いつきでひょいと遊びに行っていたでしょうに…大出世ゲームに勝ち残れば、ゲストもホストも胃潰瘍になりそうなほどクソ面倒なお宅訪問になっちゃうんですね。

で、この森忠政が担当した
「御沓」
「御妻戸御簾」
「御酌 てかハり金山侍従」
について、これが具体的に何をやらされていたのだろうかと、ずっと気になっていました。
メール一つでやり取りができるステキな世の中になったので、先日、この『秀吉公御成之記』を所蔵する石川県立歴史博物館さんにメールでお尋ねしてみました。

私の送ったメールはこんな感じです(抜粋)。
____________________

この意味するところが私にはよくわかりません。
私の想像では、これは森忠政が秀吉に供奉して利家邸を訪問し、
「秀吉に履物を差し出したり片付けたりする役」、
「秀吉が牛車に乗るために(屋敷の)妻戸や(牛車の)御簾を開けたり下したりする役」、
「秀吉のお酌をする役」
を森忠政が担当に割り当てられたという意味かと考えましたが、
そのような感じで合っているのでしょうか。

________________________________

この問いに対してのご回答は
________________________________

うきき様(原文は本名)のご理解でよろしいと思います。
文禄3年4月8日に、秀吉が前田利家の京都の屋敷を訪ねた時の記録です。
秀吉や利家の歴史書にはかなり取り上げられている出来事です。

________________________________


Σ(゜□゜;
え?私の理解であってるの?!本当に?!(終了)
本当は秀吉に納豆入りトゥシューズを履かせる役じゃないの?
秀吉が妻戸にさしかかった瞬間に挟みこんだり、御簾で秀吉をスマキにしたりする役じゃないの?
大好きなカエルを撫でまわしたままの手で秀吉にお酌をする役を希望いたします!!!

あ、補足ですが、お酌の「てかハり」は「手替わり(=交代)」の意味だと思います。

『新修七尾市史3 武士編 (七尾市教育委員会)』には『豊太閤前田邸御成記』が収録されていて、同じく森忠政についての記述もあった記憶があるのですが、コピーしたものをどこにやってしまったのか…。
こういうことがあるたびに、欲しい資料をすぐに取り出せるような整理整頓をしたい、しよう、と思いつつ…時は流れてゆきます。
(-_-)
11/16|森家コメント(0)TOP↑
プロフィール

うきき

Author:うきき
戦国に生きた森一族が大好きです。
いつか戦国武将・森長可の騎馬像を鋳造するのが夢です。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。