上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
 森蘭丸(乱丸)などの昔の子の名前(幼名)についている人名の「丸」は、「おまる」というお話です。


人の名に”丸”といふ字をつくる。
”まる”は不浄を入る器なり。
不浄は鬼魔のたぐひも嫌ふものなり。
されば鬼魔の類ちかづかざる心を祝して名の下につく心なり。

『消閑雑記』 岡西惟中(江戸期の文人)より引用



城や船などの大切な物の名に「丸」という字をつけたのも同じ意味合いだとか。

 出生児の死亡率が異様に高かった昔は、子供の幼名にわざと変な名前や汚らわしい名前をつけたりしました。
ポータブル便器である「おまる」に由来する「丸」もそういうことのようです。

 ちなみに今では森蘭丸と言い習わされている彼の名も、正しくは「蘭」ではなく「乱」の字で「森乱丸」でした。
乱の字には「乱暴」やら「乱心」やら、よくないイメージがあるのですが、そのよくないイメージこそが親の愛だったのでしょう(私見ですが)。

我が子が死神の餌食とならぬように、
「こいつはつまらぬ生き物なんで、どうぞお見逃しください。」
と、子供の名前に汚らわしい名前や嫌な名前をつけることでカモフラージュしていたという訳です。
古代まで遡れば「屎(くそ)」やら「尿」やらを子供の名に使っていたりします。

 織田信長も我が子に「奇妙丸」やら「茶筅丸」なんてつけてます。
これも『子供を連れて行かないで』という親としての祈りが裏にあるのです。きっと…。
スポンサーサイト

04/07|森家コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

うきき

Author:うきき
戦国に生きた森一族が大好きです。
いつか戦国武将・森長可の騎馬像を鋳造するのが夢です。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。