ブログ「もりだくさん。」に新しく「もり語録」ジャンルを追加しました。
森家にまつわるココロに沁みる名言や、シビレるセリフなどをご紹介していきたいと思います。




『蘭丸はよき人の人参なり
骨を煎じ汝らに呑ませたきもの』  織田信長





『森家先代実録 巻第三』にでてくる織田信長のセリフです。
人参というのは薬用の朝鮮人参のことです。
キャロット蘭丸ではなく、ジンセン(Ginseng)蘭丸です。



 ある時、信長公はお手の爪をご自分で切って、扇の上に乗せて「これを捨てよ。」と蘭丸君にお渡しになった。
蘭丸君、隣の部屋でこれを数えて見れば、お爪は九つ。
信長公の元へお立ち帰りになって信長公のお膝周りまで、あちこちと見回してみる。
「何を探しているのだ。」と信長公がお尋ねなので「お爪が一つ足りません」と蘭丸君。
信長公はお手からお爪を一つお渡しになり、お側の小姓たちへ、
「蘭丸は、すぐれた人の人参である。骨を煎じてそなたたちに飲ませたいものだ。」とおっしゃった。
すべてにおいて入念にご奉公せよとの仰せだったとか。



蘭丸の爪の垢じゃなくて、骨を煎じて飲ませたいんですね(蘭丸本人死亡)。
スポンサーサイト

02/11|もり語録コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

うきき

Author:うきき
戦国に生きた森一族が大好きです。
いつか戦国武将・森長可の騎馬像を鋳造するのが夢です。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR