上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
 東京の静嘉堂文庫美術館で「曜変・油滴天目 -茶道具名品展- (2013年1/22(火)-3/24(日))」が開催されているので(どうやら森家関係はなさそうですけど信長関係は出るようです)行きたいなぁ…。
こういうのを見ると、『東京ズルイ』って首都圏暮しに嫉妬してしまうんですよねぇ…

 曜変天目茶碗という星(=曜)のきらめく宇宙の中に、生命の色である緑のお茶を入れてクイと飲む。
明日の命すら分からぬ戦国武将たちにとっては「命をいただく」格別のひとときだったでしょうね。
うう、曜変天目見たいなぁ~(森家とは関係ないけど)。
そして織田信長の、つくもなす…。見たいなぁ(見たことあるけど)…。


 で、話は変わって本題です。森家に切り替えます。
森家にもお茶にまつわる色々な茶器のお話が残っています。
かつて明智光秀が所有し、森忠政の手にも渡ったことのある名物「青木肩衝」茶入。
その茶器の解説と画像を「近代デジタルライブラリー」で閲覧することができます。
いい時代になりましたね~。
でも、画像も白黒ですし、ぜひ実物をこの目で見たいですよね。

RANMARU!サイト:「青木肩衝」解説

20120130.jpg



近代デジタルライブラリー
http://kindai.ndl.go.jp/

『大正名器鑑. 第1編』
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1014837

青木肩衝 伯爵酒井忠正氏藏 / 83p (0079.jp2)
該当ページは『コマ番号:79-82』です。ここは自力で手動でページ移動してください。)

 「青木肩衝」の参考文献としては、他には日本陶磁協会が平成6年12月に発行した『陶説no.501』に『戦国・近世愛陶列伝(9) 青木肩衝』があります。
スポンサーサイト

01/30|森家コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

うきき

Author:うきき
戦国に生きた森一族が大好きです。
いつか戦国武将・森長可の騎馬像を鋳造するのが夢です。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。