上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
 岡山県立図書館所蔵の『木々寸物語』という本には本能寺の変から小牧長久手の戦いのことまでが書かれ、その中には森蘭丸や森長可がたくさん出てきます。
しかも、『森家先代実録』とも文章の書き方や内容がかぶるところが多くあり、大変興味深いのです。
岡山本は古文書写真をネットで閲覧することもできますし、今では活字化してくれています。




 岡山県立図書館 電子図書館システム『デジタル岡山大百科』
http://digioka.libnet.pref.okayama.jp/

『木々寸物語』
http://digioka.libnet.pref.okayama.jp/detail-jp/id/kyo/M2004093020035442823

『木々寸物語』コンテンツ
http://digioka.libnet.pref.okayama.jp/mmhp/kyodo/waso/0002117430/pageframe.htm
(画面が閲覧できないときは「本文が表示されないときはこちら」をクリックしてプラグインをダウンロードください。)
(古文書画像の下のほうにあるオレンジ色ラインをクリックすると活字化されたページが別窓ででてきます)




しかし、悲しいことにこの『木々寸物語』は後半から巻末にかけて破れて判別できないものがあります。
私がショックを受けたのは「ページ77」


一 森武蔵守長可濃州金■■■■■■■■■■■
  長定同是に居ス。金山の■■■■■■■■■
  かきりの時、ひそかに云ひけ■■■■■■■
  命の際なれはこそ申せ■■■■■■■■■■
  蘭丸君の世に絶なる御姿より■■■■■■■
  らせて、何となく暁の衾の上■■■■■■■
  の下ゆか敷たはれたる心にや、亦人に■■■
  云ひてうち状したり。折節、蘭丸野へ出給ふ道
  にて是を聞、小鷹を居へなから■■■■■■
  て臥所へゆき、まんまん、と呼ひ給■■■■■
  あつと答ふ。蘭丸の■■■煩ひ■■■■■■ 』


「蘭丸君の世に絶なる御姿より」とか非常に気になることを書きながら、なぜ重要な部分がビリビリと破れているんだぁああああ!言葉の暴力だぁあああ!!
ドラえも~ん!!!!

 なお、この内容は森家ストーカーの名にかけて絶対に知りたいと思い、慶応大学本『木々寸物語』も取り寄せたのですが、なんと、同じタイトルでありながら慶応本は上下巻セットのうえ、冒頭以外は別のお話になって小牧長久手の戦いもすっとばしてセキガハラしてました。
私がどうしても知りたい肝心の部分がまるで掲載されていなかったです。

どうしても諦めきれないので、また別の書籍でひょっこりと同じ話が出てくることを信じて祈りつつ生きてます。
スポンサーサイト

01/12|森家コメント(20)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
推論になってしまうのですが
憶測をかなり含みますがお許し下さい。
欠損部分が見つかったとかいう話ではないので本当に申し訳ないです。
既に以下のような推測は解決済みかもしれませんが、私のつたない古文読解力での印象は誰かが蘭丸に恋心を抱いていたという風に感じました。
検討違いなら恥ずかしいですが
命の際(病で死にかかっているのか?)たはれたる心は恋煩う心という意味で訳すと、暁の衾とあるので次の文、下ゆかの前は夜を意味する言葉が入るのかなと思いました。(朝にも夜にも恋慕っていた)
肝心の相手ですが、木々寸物語は本能寺から小牧長久手まで順に書かれているから、蘭丸をメインとする話だと順がおかしいので、前のページに登場する人物がメインではないかと思い74、75ページ辺りから読むと永井直勝の名前が引っ掛りました。彼は幼名を万千代といい、病で死んでいるようです。
まんまんと呼び給ふ のまんは万ではないかと
ただ、永井直勝と蘭丸の経歴から、どこで蘭丸と接近出来たかが疑問となります。
既にご存知かも知れませんが、著者と伝わる斎藤忠時は岡山藩、池田家の家臣のようなので永井直勝に縁というか因縁もあるようですね
斎藤忠時の他の著書、思い出草と木村咄を調べてみたら思出草は原文ですがネットで見れるようです。(活字ではありません)
ただし、あまり森家には関係なさそうです。 
木村咄の方がタイトル的に気になるのですが内容を追えませんでした。
池田家関連の文書、岡山藩、もしくは推測通り永井直勝メインの話ならば永井直勝関連の文書に似たような話がないのかなと思いました。
かなり、推論になってしまいすみません。

From: とみー * 2017/07/10 17:12 * URL * [Edit] *  top↑
とみー様へ:
とみー様:
コメントどうもありがとうございます、とみー様。
ご説明もとてもよくわかりました。
あのほころびだらけの文章でここまで読みこめるとは、すごい洞察力に感服いたします。

とみー様説ルートで情報を追ってみようと思い、昨夜より永井直勝の情報探してて、
お返事が遅くなってしまいました。
でも、私が彼のこと詳しくなくてどこをどう探した物か結局わかりませんでした。
とりあえずは東京大学史料編纂所の『永井家譜』(明治時代の調査のまとめ)を読んで
みましたが、蘭丸は登場しないというか、逸話レベルのことはあまり書いていませんでした。

『永井家譜』
http://wwwap.hi.u-tokyo.ac.jp/ships/shipscontroller

『森家先代実録』にも永井直勝は池田恒興を討ち取った人物として登場しますが、
それ以上のことは書かれていません。
あとは、森家とのからみといえば、永井直勝の孫娘が森長俊の奥さんだった(離縁したけど)
ことですかね。

永井(長田)直勝といえば、長田という姓の重臣も森家にいますね。蘭丸の姉の夫であった
長田又左衛門とは同族だったのでしょうか…
まぁ長田又左衛門は森家を出て行ったので記録に残る情報がほとんどなくて何ともいえ
ませんが。

また、話は変わりますが私も斎藤忠時さんの『木村咄』が気になっております。
とりあえずは岡山県立図書館に詳細を尋ねるメールをしてみます。
それで何かわかればいいのですが。

とみー様のおかげで
いつかお目当ての文章に巡り合える可能性も感じて
久々にワクワクしております。
どうもありがとうございました。
From: うきき * 2017/07/11 23:15 * URL * [Edit] *  top↑
うきき樣
話の内容は、史実か怪しいような気もしますが、せっかく面白い話なので創作でも全文知りたいですよね
恋するだけなら、信長も家康が一緒に鷹狩りの時にでも見初めたのかな?とは思いますけど
文章の中で、金山の○○○○かきり(里)の時と小鷹を居へてのところが読みとければ、全体的にもう少し把握出来るのにーと思います。
池田家文庫というサイトや岡山藩の文書なんかにも似たような話ないかなー
見つかれば楽しいですね
木村咄の内容分かったら教えて下さい
From: とみー * 2017/07/12 16:30 * URL * [Edit] *  top↑
とみー様へ:
この逸話の内容をご存じないか(笑)ということ、また『木々寸物語』について知りたいこと、この2件を岡山県立図書館にメールで問い合わせました。
一昨日にメール送信して、今は返事待ちの状態です。
返事があればお知らせしますね。
From: うきき * 2017/07/13 17:55 * URL * [Edit] *  top↑
とみー様へ3:
岡山県立図書館からお返事まいりました。
とりあえずご報告いたします。

v-136逸話の内容についてはご存じないとのこと。

v-137『木村咄』は関連資料と思われるものの所在を教えていただくことができました。『木村咄』の木村というのはビンゴで森家家臣にして『武家聞伝記』の著者である木村昌明さんのことでした。

1、財団法人正宗文庫(私設文庫のため通常公開はしていない)に
『木村噺 二巻』
(木村昌明撰 斎藤忠時増補 元禄六・七写
(斎藤忠時筆) 塚本吉彦旧蔵印)
『木村咄附記附撰』
(木村昌明・斎藤忠時撰 塚本吉彦附撰 明治二七・八写(塚本吉彦筆))

が所蔵されているとのことです。


2、宮内庁書陵部
『木村咄(武家雑話録 上巻)
が所蔵されているとのことです。
http://toshoryo.kunaicho.go.jp/Kotenseki/Detail/18211

3、以前は岡山県立図書館にも『木村咄』の転写本は存在していたそうですが、今は残ってないそうです。たぶん戦災で焼けたか、とのことです。
From: うきき * 2017/07/18 16:05 * URL * [Edit] *  top↑
ありがとうございます。
良かった 現存するんですね
私、東京在住なので宮内庁の方に閲覧申請と
複写申請をしてみようかと思いました。
そんな事するの初めてで上手く出来るかどーか
複写ないと解読厳し過ぎます。
例の話載ってると良いのですが.....
正宗文庫は岡山県なんですね
敷居高いなー 
ちなみに、木々寸物語の蘭丸欠損箇所ネタ私のブログに載せても良いですか?面白過ぎて.....
実は木村咄の詳細が分かったので私の新たなくだらない推理は書きませんが、金山の○○○○かきりの時にから別の人名を推測してしまいまして
木村咄に例の話が載ってなかったら、ご参考までに書きこむかもしれません。
From: とみー * 2017/07/18 18:28 * URL * [Edit] *  top↑
とみー様へ4:
>木々寸物語の蘭丸欠損箇所ネタ私のブログに載せても良いですか?

もちろんどうぞ。
私ももともとは岡山県立図書館の電子図書館データからの情報を持ってきていますので、私のことはお気になさらずにどうぞご自由になさってください。
かないますなら私にも是非とみー様のブログURLを教えていただけると嬉しいです。m(_ _)m

宮内庁のほう、複写申請の見積もり依頼を出そうかと思っていたところでした(写真撮影だからきっとお高いでしょうし)…。
とみー様は東京にお住まいなのですね(おおおお!期待!!)、閲覧なさるのでしたら、その結果次第で複写を考えてもよいかしら…。
よろしければ、閲覧結果をご教示いただけるとありがたいです。(^_^;)

正宗文庫についても入手方法があるのかどうか調べてみます。
From: うきき * 2017/07/18 22:28 * URL * [Edit] *  top↑
閲覧申請
とりあえずメールを送ってみました。
まだ返信ないので電話してみます。
閲覧は出来るかとは思うのですが活字ではなく原文の場合、内容を教えたくてもお教えする事が出来るかどうかが不安です。
蘭丸の字は見分けやすいので、その文字を見つけたら複写もありかもですね
私のブログですが何と申しますか......
不健全且ついかがわしいので
見つけられてしまったら仕方ないのですが
自分から伝えるのは大変厳しいです。
閲覧申請に時間がかかるかもですが8月くらいには閲覧したいものです。
また、連絡しますねー
From: うきき様 * 2017/07/19 17:40 * URL * [Edit] *  top↑
とみー様へ5:
今気づきましたが、宮内庁書陵部所蔵の『木村咄』のデータが『徳山毛利本』ってなってますね、どういうことでしょうね…。
なんで毛利家にもたらされてんの?!(;´Д`ノ)ノ

備前市のかたにお尋ねしたところ、正宗文庫はやはり個人の方の管理なのだそうで、公共の図書館のように複写依頼などは不可能のようです。
まだ連絡してはいませんが、色々考え中です。
戦争がなければ、岡山県立図書館に複写依頼してゲットできましたのにね…(などと言ってもどうしようもない)。

また何かございましたら是非ご連絡くださいませ。m(_ _)m
ブログも頑張ってくださいね。
From: うきき * 2017/07/20 22:54 * URL * [Edit] *  top↑
閲覧許可出ました
閲覧許可が出たので8月2日に見に行ってみます。
複写は見開き2ページを1コマとして確か86円 焼き付け代がA4サイズ一枚86円
と言っていました 100ページとしても、8000円くらいでおさまるようですね

毛利ですか.....
調べてみようかな
木村咄の正宗文庫は中々見るのは大変そうですね
宮内庁にしても保管してるだけで木村咄なんて誰が他に閲覧するんだろー
誰にも読まれないまま埋もれていく史料もあるかと思うともったいないですよね
また、閲覧したら結果報告します

From: とみー  * 2017/07/21 18:56 * URL * [Edit] *  top↑
とみー様へ6:
折しも8月2日は妙向尼さまのご命日ですね。
きっとよいめぐりあわせがあることと思います。
どうか御武運を!!

写真代もそこまで高くないのですね。ちょこっと安心しました。
私も内容によっては宮内庁本の複写申請をしたいので、もしよろしければ(ページがふってあれば)何ページくらいあるのか、おおっざっぱでもよいのでご確認くださるとありがたいです。

『木村咄』が手持ちの『武家聞伝記』(木村昌明著)と丸かぶりでなくて、新しい森家のお話がバンバン出てくれれば嬉しいのですが…。
From: うきき * 2017/07/21 22:01 * URL * [Edit] *  top↑
了解です
ページ数の件了解です。
森家の面白い話が沢山載っていると良いですね
徳山毛利家ってあるみたいで、詳しい人のブログを見たら頭が飽和状態になりそうでしたが、池田家文庫の中に毛利元就記って紛れていて、池田家、森家、毛利家に何か深い関わりがお互いにあったんですかねー
気が向いたら、おいおい調べてみようかと
毛利家関係にも森家の記述があったら面白いなと思いました。
From: とみー * 2017/07/24 20:11 * URL * [Edit] *  top↑
とみー様へ7:
ページ数チェックの件、どうもありがとうございます。

『木村咄』の上巻は宮内庁書陵部所蔵ですが、下巻についてはまだ徳山毛利家の所蔵で現存しているミラクルがないかと思い、周南市(旧・徳山市)の図書館などをちょっと調べたのですが検索には引っかかりませんでした…。
『徳山毛利家文庫目錄』なる書籍があるようなので、そちらもチェックしたいものです。

話は変わりますが、幕末の岡山藩池田家家臣・塚本吉彦さんは、赤穂藩森家の家臣・木村家(木村昌明の子孫)にお願いして木村家所蔵の『武家聞伝記』を写させてもらっています。
現在、正宗文庫さん所蔵になっている『木村咄』もきっと塚本さんが同じタイミングで木村家にお願いして写させてもらったものでしょう。
池田家文庫を見ても塚本さんは郷土資料収集に結構いい仕事してくれているようです。

しかし、一方、徳山毛利本についてはどういうめぐりあわせで徳山藩毛利家にもたらされたのか、そしてなぜ宮内庁にいっちゃったんでしょうね、興味深々です。
From: うきき * 2017/07/25 23:52 * URL * [Edit] *  top↑
載っていました
蘭丸話は118Pにバッチリ載っていました。
私の予想がハズレ、私的に意外とつまらない内容でしたがネタバレしますか?(笑)
木村咄は全部で188Pもありますが、内容や流れは木々寸物語とかなりかぶっています。
最初は蘭丸風呂屋の本能寺から、忠政が同僚を殴る話の順も同じようです。
ただ、木々寸物語よりも逸話が詳細でボリュームがあり載ってない話も木村咄には載っているように感じました。
118Pまで字を拾った感じでは森家の新しい話はなさそうですが、119Pの蘭丸の話は木々寸物語で全て破れていて、前半の話とは違う話です。でも私の力では読み解けず、とりあえず信長が出てくるようです。
120Pの一行目で終っています。
後半力尽き、120P以降は流し読みですが156Pに信長の名前が登場するくらいで全体は秀吉や家康の名前が多い感じでした。
From: とみー * 2017/08/02 13:31 * URL * [Edit] *  top↑
とみー様へ8:
妙向尼様のご命日に大変うれしいご報告どうもありがとうございました。
今日は私は着る機会が滅多にない蘭丸Tシャツを着て子供と海水浴してました。

とみー様の『載っていました』のご報告に思わずガッツポーズしてしまいました。
蘭丸話を発見できるなんて、とみー様、すごい快挙ですよ。
歴史の玉手箱を開けることができてとってもお幸せでしたね。
私もともかくも内容を知りたいです。
一刻も早くネタバレしてください。(屮゚Д゚)屮

内容やページの詳細もお知らせくださりありがとうございます。
私も全ページの内容を知りたく、複写申請しようと思います。
188pというのは大ボリュームですね。
見開き2ページで1コマということでおよそ(188÷2)でよろしいの
でしょうか?(ドキドキ)
10000円以内で納まると嬉しいなぁ。
From: うきき * 2017/08/02 16:25 * URL * [Edit] *  top↑
ネタバレ
蘭丸Tシャツなんて面白いですね♪
1ページ目は見開きでないので、2ページ目からが見開きになっていました。
金額×95になってしまうかと

ネタバレ
私が見た限りでは、金山の町人の娘という字が見えました。
恋煩いは当たっているようです。
鷹狩りで出かけて聞いて行った先は、女の家のようです。
「まん、まん」のまんは名前ですが、女の名前がまんと書いてあったように思います。
その後、蘭丸が女に何かを言っているようですが、(可成の二男?、信長公とか)読めませんでした。
女の話が一段落して(笑)
次の話は、信長、人数、蘭丸という字がやたら出てきます。
何の話かわかりませんでしたが、女の話とは別の話になっています。
私はケチ臭く、蘭丸3ページと後半の信長の名前が出てきたとこだけを複写申請してみようと思います。
他のページにも面白い逸話があったら教えてくださいね
蘭丸ページも読解出来ない恐れがあるのでわからなかったら教えてくださいませ



From: とみー * 2017/08/02 17:57 * URL * [Edit] *  top↑
とみー様へ9:
色々ありがとうございます。
「まん」は女性だったのですね。
いずれにせよやはりよい男ぶりだったんでしょうね、森蘭丸。
金山の町人といえば住んでる場所が限られますので、もしそうなら兼山の方にも教えてあげたらいい話のネタになりそうです。
私も原文をぜひ読みたいので、まずは宮内庁書陵部に申請してみます。

とみー様のおかげで長年の疑問がようやく氷解しそうです。
諦めかけていたので嬉しいです。
本当に、本当にありがとうございます。

また、無事に申請が通って手元にコピーが届きましたら内容をお知らせしますね。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
From: うきき * 2017/08/02 20:27 * URL * [Edit] *  top↑
暗号という程ではないですが
既にお気づきかも知れませんが、木々寸物語と木村咄のタイトルが似てると思ったから木村咄に載ってるかもと思ったのですが、良く見たら木村の漢字を分解すると木々寸になるのですね
今日気づきました.....(笑)
斎藤忠時の名前が木村咄の中に書かれていました。木村咄と木々寸物語はどっちが先に書かれたんだろー とか斎藤さんと木村さんは仲良かったのかしら?と思ってしまいました。
From: とみー * 2017/08/04 19:15 * URL * [Edit] *  top↑
とみー様へ10:
すごいっ!鳥肌立ちました。
よくお気づきになりましたね。
私はのんきに
『雉(きぎす)がどうかしたのかねー(^^)』
くらいにしか考えておらず、気に留めておりませんでした。
江戸っ子が好む言葉遊びの類ですね♪

ご存じのように『木々寸物語』は欠けたところが多くて本のあとがきなんかもわからないのでアレですが、『木村咄』に木村さんとの交流エピソードなどが載ってればいいですね。
複写申請しましたけど、きっとコピーが私の手元に届くのは1か月後くらいでしょう。
色々と楽しみです。
From: うきき * 2017/08/05 20:59 * URL * [Edit] *  top↑
とみー様へ11:
先ほど、とみー様宛にメールをお送りしました。
よろしくお願いいたします。
From: うきき * 2017/08/29 01:25 * URL * [Edit] *  top↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

うきき

Author:うきき
戦国に生きた森一族が大好きです。
いつか戦国武将・森長可の騎馬像を鋳造するのが夢です。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。