上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
蘭丸君の逸話「まん、まん」 その1 (『木村咄』より) の続き(現代語訳)を書く前に寄り道です。

今回は、前回ご紹介した古文書『木村咄』に載っていた森蘭丸の逸話を自信なくおおくりいたします。
私の力量不足で何と書いているのか判読し難いくずし字が2文字(「」「」)ありましたので、そこは赤文字にしてあります。要注意です。
間違っているかもしれないな、バーローと思いつつお読みください。


《原文》
一、忠時云、或時信長公味方郷人をして敵を謀給ふ事有、郷人敵の様子を語る、蘭丸傍ニて聞之、此郷人敵に被謀反間二なる物成へし、古老の士如何と云、蘭丸云、彼カ常に云所片言交り能物云也、敵地の様子を云処ハなまりの五音ハ一つにして言語の続ハ分明也、是もなき敵に謀を云放る所を其侭説ク物なるへし、是二心付て彼郷人を攻問へハ蘭丸さけすみに毛頭無違、信長公大に被感恩寵猶甚し、惣て蘭丸ハ智恵有て情の色深く近習の手本とも可成、名誉多き美童也




《読み下し文》
一、忠時云(い)ふ、或る時、信長公味方郷人をして敵を謀(はか)り給ふ事あり、郷人敵の様子を語る、蘭丸傍(かたわら)にてこれを聞き、此(この)郷人、敵に謀られて反間(はんかん)になる物なるべし、古老の士如何(いかん)と云ふ、蘭丸云ふ、彼が常に云ふ所片言交り能(よ)き物云(ものいい)なり、敵地の様子を云ふ処はなまりの五音は一つにして言語の続きは分明(ふんみょう)なり、是(これ)設(しつらへ)もなき敵に謀(はかりごと)を云ひ放たる所を其侭(そのまま)説く物なるべし、是に心付けて彼(か)の郷人を攻め問へば蘭丸さげすみに毛頭違い無く、信長公大いに感じられ恩寵猶(なほ)甚(はなはだ)し、惣(そうじ)て蘭丸は智恵有りて情の色深く近習の手本ともなるべし、名誉多き美童なり

《現代語訳》
斎藤忠時が言うには、
ある時、織田信長公は味方の郷人(ここでは敵地の民のこと?)を使って敵を欺きになられる事があった。郷人は敵の様子を語った。蘭丸はかたわらでこれを聞いて
『この郷人は敵に謀られて間者(スパイ)になった者に違いありません。』
と言った。
古老の武士は『どうしてだ。』と言った。
蘭丸が言った。
『あの者が普通のことを言っている部分は訛(なま)りがまじって達者なものいいです。敵地の様子をいう部分になると訛りの調子が一辺倒でありながら言語の続きははっきりとしています。これは準備もなかった敵将から謀(はかりごと)を言い放たれた部分を言われた通りの言葉のまま説明しているに違いありません。』
この言葉に配慮してその郷人を詰問すると、蘭丸の推量に少しも間違いなく、信長公は大いに感心なさって蘭丸への恩寵はなおのことはなはだしいものになった。
総じて蘭丸は智恵があり、情も深く、近習の手本となるものに違いない、名誉多き美童である。


《メモ》
忠時:岡山藩士・斎藤忠時。この『木村咄』の著者の一人。
郷人(きょうじん):同郷の人。故郷の人。村人。
反間(はんかん):間者。間諜(かんちょう)。スパイ。
如何(いかん):なぜ。どうして。
五音(ごいん):声の調子。トーン。
分明(ふんみょう):明らかなこと。
設(しつらへ):用意。準備。(※「」の字は解読ミスかもしれません。でも、他に候補の字が浮かびません。)
:「将」は解読ミスかも…次の候補が「敵役」です。
さげすみ:物事を推し量ること。推察。
原文が「さけすみ」だったので、蘭丸が蔑(さげず)んでいるのか…どんな表情で?と思ったらそうじゃなかった、「さげすみ」でした!!大工が墨のついた糸を垂らして柱なんかの垂直を測る”下墨(さげすみ)”が由来の言葉だそうです。今はほとんど使われていない難しい言葉ですね。)


現代語訳は読みやすいように言葉を補いつつ訳してみました。
何かお気づきの点やご指摘がございましたら(気が小さいのでできれば優しい言い回しで)お知らせください。

蘭丸の知性は本物ですね!!しかもやさしい(まんまん)!!しかも最後にさりげなく美童とか書かれてる!!

なお、似たような話が『森家先代実録』にも掲載されています。
そう何度もある出来事ではなさそうですし、きっと元来は同じ話ですよね。(;´Д`)。
現代語訳ですが、興味のあられる方々は蘭丸の逸話のページの『■人を見抜くチカラ。』の項目をご参照ください。
スポンサーサイト

09/20|逸話の原文(森蘭丸)コメント(2)TOP↑
この記事にコメント
栄養になりました
 さげすみの所が凄いですね。
私も蔑むって何じゃろって思ってました。
確かに似たような話を見たような気がしました。
 この話がホントであれ嘘(⬅おいおい)であれ、蘭丸は常に良い子で賢いイメージで描かれていると思います。
 史実から感じる彼も物語から感じる彼もぶれないので、きっと良い子だったのではと思いたいです。
訳ありがとうございます。
また、お邪魔するかもです!
From: とみー * 2017/10/02 20:56 * URL * [Edit] *  top↑
とみー様へ:
この著書には、何といっても森家家臣の木村さんが関わっているということなので、逸話といえども他の書籍と比べて信憑性はぐんと高くなるんじゃないかと思います。

来週末は、兼山に行きます。
町娘の「まん」がもし実在したのでしたら、金山ご城下のどの辺に住んでいたのでしょうねー。
とか、妄想に浸ってまいりますね。

ブログなどもまたポツポツ更新します(?)ので、どうかまた遊びに来てくださいませ、とみー様♪
From: うきき * 2017/10/05 23:13 * URL * [Edit] *  top↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

うきき

Author:うきき
戦国に生きた森一族が大好きです。
いつか戦国武将・森長可の騎馬像を鋳造するのが夢です。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。