上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
名古屋市博物館の企画展で「森長可遺言状」が出品されているそうです。


企画展 エピソードでたどる書の散歩道
Walking with Calligraphy

http://www.museum.city.nagoya.jp/exhibition/special/past/tenji150228.html

《企画展内容》
上記リンク先より引用

会期:2015年2月28日(土)~4月5日(日)
休館日:毎週月曜日と第4火曜日(3/2・9・16・23・24・30)
開館時間:午前9時30分~午後5時(入場は午後4時30分まで)
主催:名古屋市博物館
観覧料:一般 300円(400円) 高大生 200円(300円) 中学生以下無料

戦国武将の遺言状
<「森長可(ながよし)遺言状」>


引用終了



最近は「森長可遺言状」で通しているのですね、いつから、『森長可遺言状』としなくなったのだろう…。清書じゃないと思うんですが(^_^;)
スポンサーサイト

03/11|お役立ちコメント(2)TOP↑
この記事にコメント
特殊な案文なのでしょうね
書面の写真を見る限り明らかに「案」ですけど、結局清書したバージョンがないので正文として扱うようになったのかも知れません。

いま家忠日記(臨川書店版)を奇跡的に入手して悦読中ですが、羽黒合戦は森長可の屋敷を攻撃した認識なんですね。ちょっとびっくりしました。

※コメントのURLリンクですが、森兄弟の漫画です。結構濃い内容で……。
From: 高村 * 2015/03/20 00:50 * URL * [Edit] *  top↑
高村様へ:
コメントありがとうございます。
家忠日記の該当部分は
『十七日、犬山表へ働候、森武蔵守もち候屋敷押破、敵敗北、三百余討捕候、家中へも十五人うち候、』
のことですよね。
同年代の記録として史料価値があるとされる『當代記』には、
『三月十七日、家康公羽黒表へ出馬、森武蔵守羽黒古き屋敷に柵を付、三千余令居陣を不知…』『奥平九八郎信昌一千計の以人数を為先登押入候処に、武蔵屋敷表へ打出、折敷て相答…』
とあります。
誰かのお家を乗っ取ってマイ陣屋にしてしまったんでしょうね。

マンガのご紹介もありがとうございます。作者さんはすごくマイナーなネタ(忠政の多賀神社参拝)を拾っていらっしゃるのですが、もしや、私がマイナーと思っているだけで、森忠政って非常に認知度高いのでしょうか。
From: うきき(管理人) * 2015/03/20 11:08 * URL * [Edit] *  top↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

うきき

Author:うきき
戦国に生きた森一族が大好きです。
いつか戦国武将・森長可の騎馬像を鋳造するのが夢です。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。