上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
妙願寺(岡山県津山市)には、森蘭丸の母・妙向尼の妙願寺宛ての書状が残っています。
妙願寺宛てとは言っても、当時の初代住職・了向さんは、妙向尼にとっては外孫に当たる人です。

この書状をサイト上でずっと紹介できなかったのは、私の能力ではママンの書状がなかなか読めなかったからです。

女性の筆遣いは、女筆(にょひつ)と言われていて、『まゐらせ候』や『候べく候』などと言った独特な言い回しが使われていて、かな文字のくずし方もこれまた独特な連綿体の連続です。
古文書が読める人でも女筆の判読は苦手な人が人が多くて、つい、逃げて通ってしまうものらしく…。

で、今回は書籍(『森蘭丸とその母の流れ』森嵩正/近代文芸社)に載っている解読をほぼ参照しました。
解読文を読んだ上でなら、書状に書いてある字が私でも認識できる感じだったので…。




ふみにて申し入れまゐらせ候 いよいよそもじどの息に御くらし候はんとめで度存じまゐらせ候 さ候へば廿日の夕ほう恩講御取こしいたし度くぞんじまゐらせ候まま■義ながら参詣たのみ入まゐらせ候 めで度かしく

なほいつぞややくそくいたしまゐらせ候かけもの進め候 受け取申され候 かしく 
                                                妙向

妙ぐわんじどの
  まゐる
 




1:参考にした解読文では、意味が分かりやすいようにか解読が『息災』になっていましたが、実際の書状の文字は『息才』と読めますので、そのまま表記しました。妙向尼の書状に限らず、今まで読んだ古文書でも『息才』の字が使われていたケースがありました。妙向尼は『災』の文字を使いたくない人だったんだろうと思うので、その性格を尊重して敢えて『息才』と表記しておきます。

2:■は、文字が解読不能らしいですが、私が書状を見ると『太』に読めました。『太義』って言い方で「大儀」と同じ意味にはならないですかね…。だめ…?これまで解読不能とされている文字が、あっさり私にわかるはずないか…。

3:意味はもう少し勉強してから書きます…。

4:書状の画像は、『森蘭丸とその母の流れ』(森嵩正/近代文芸社)や『津山の文化財』(津山市教育委員会)などにありますが、今はどちらも入手しづらいようです。
スポンサーサイト

01/22|森家コメント(2)TOP↑
この記事にコメント
たいぎ
「太儀」はありです。太原雪斎と、日蓮宗の僧侶が使っている例があります。ただ、その他5例の俗人男性は「大儀」と書いているので、僧や女性が好んでいた当て字かも知れません(例が少なくて確実ではありませんが……)。

「ながら」との組み合わせで意味も通じるので、ほぼ特定でいいんじゃないかなあと思います。鋭いですね。

「息才」は私は初見だったので勉強になりました。
From: 高村 * 2015/02/07 01:08 * URL * [Edit] *  top↑
高村様へ:
コメントありがとうございます、高村様。
数多くの書簡に触れていらっしゃる方にリアクションをいただけると頼もしい限りです。「太儀」という例があるのですね。なんか、ホッとします。
しかも、あの大物・太原雪斎も書きのこしてくれていたとは。

「太」は”「大」よりも大きなもの”、”最上級のもの”、という意味が含まれているそうなので、それからいけば『大義』よりも重みや丁寧さ、謙遜がありそうですが、『太儀』がそこまで考えて使われているのか、使われていないのか、まぁ、深読みする必要は全然ないのですが、思考してみるのも楽しいです。
逆に現代は、ほとんどの言葉が一種類の書き方しか許されない感じで寂しいですね。
From: うきき(管理人) * 2015/02/09 01:16 * URL * [Edit] *  top↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

うきき

Author:うきき
戦国に生きた森一族が大好きです。
いつか戦国武将・森長可の騎馬像を鋳造するのが夢です。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。