上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
大昔に購入したプレジデント誌を読みなおしていたら、私にとって初めて見るような話が書いてあったので自分用のメモでここに貼っておくことにします。
Σ(゜□゜;



以下、『プレジデント1992年2月号』
「信玄と謙信(作家:小林久三)」”森蘭丸の本当の役割とは”から引用


 信長の資金源はおそらく濃飛一帯の金山であったのだろう。本能寺の変で、信長に殉じた森蘭丸は美濃金山の城主であった。濃飛両国の境に位置する美濃金山は、古代から金を産出していたことは、「延喜式」にも記されている。また乗鞍岳も古名は阿宝山(あわやま)と称し、鉄、金銀の産地だった。
 江戸中期に、古代からの産鉄の方法やしきたりを、みずからタタラ作業に従事した体験とともに、「鉄山秘書」を書いた下原重仲は、森蘭丸の弟で、津山藩主だった森忠政の孫の系列に属する人物である。
 森氏は、産鉄・金工族とみられ、森聞丸は信長の産金を担当するとともに、鉄を管理していたともみられ、その意味では、彼を信長の単なる寵童とする見方は、修正する必要があるだろう。甲斐や越後の産金量の情報を捕捉して、信玄や謙信を、信長の最大のライバルとしたのは、もしかすると森蘭丸かもしれない。
(以上、引用終了)



当時の美濃金山を含む濃飛一帯って織田信長を潤すほどにゴールドラッシュだったの(初耳)?
森蘭丸は美濃金山の城主…って言いきられてるし、森氏は産鉄・金工族とはどこから出てきた話し(初耳)?
蘭丸が鉄を管理?!アイアム・アイアンマン?
下原重仲が津山藩主だった森忠政の孫の系列に属する人物(初耳)?

私が無知なだけかも知れませんが、森家やその周辺の記録にはまったくない話しだと思いますし、ここに出された内容の根拠に見当がつきませんでした。いや、本当に私が無知なだけなのかも知れませんけど…。
「延喜式」に美濃金山が金の産出地だったという記述があるのかも含めて、いつか時間がある時に調べてみたいと思います…ご本人に確認できれば一番ですが、これを書かれた小林さんは既に故人なんですね(涙)。

ああ、森蘭丸は今日も砂浜で磁石をひきずって砂鉄採り…(変な想像)。

スポンサーサイト

07/31|雑記コメント(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

うきき

Author:うきき
戦国に生きた森一族が大好きです。
いつか戦国武将・森長可の騎馬像を鋳造するのが夢です。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。