平成4年4月1日から9月30日まで行われていた
『森蘭丸のふる里 城下町兼山を歩く』キャンペーンの時のスタンプです。
(下記の史跡解説の文章はスタンプラリーカードからの引用です。)




可成寺スタンプ
金山城二代目城主森長可が父可成の菩提のため創建。可成、可隆、長可、蘭丸、坊丸、力丸の墓が並ぶ森家の菩提寺です。
20140621c.jpg



常照寺スタンプ
金山城初代城主森可成の妻で長可・蘭丸の生母である妙向尼が亡き父の菩提を弔うため建立された寺です。
20140621b.jpg



金山城跡跡スタンプ
古城山初めて築城したのは斎藤道三の養子正義で烏ケ峰城と改称した。その後信長の命により森可成が金山城と改称し、森家三代の居城となりました。
20140621a.jpg




実はスタンプラリーポイントがほかにも
『名鉄兼山駅』
『民俗資料館』
『兼山湊』
『浄音寺』
『貴船神社』
とあったのですが、訪問時は案内人の方と一緒に行動していたのでスタンプを押しにいけませんでした。
(名鉄兼山駅のスタンプは押せたけど薄くて見えないのでアップしていません…)
スポンサーサイト

06/22|お役立ちコメント(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

うきき

Author:うきき
戦国に生きた森一族が大好きです。
いつか戦国武将・森長可の騎馬像を鋳造するのが夢です。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR