上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
本棚を整理していたら、大昔の新聞記事情報が出てきたので転記しておきます。
織田信長とその家臣たちの慰安旅行(目的地:推定 下呂温泉)のメンバーに森長可の名前があったので保存していた記事です。
この記事とは別に、後日、下呂温泉パンフで、この内容のPR『織田信長も…森長可も入った温泉』みたいなのをみかけたので、それもどこかに保存していたはずなので、また見つけたら載せてみようかと思います。
穴をガスガス掘ってできた穴ポコ温泉に森長可が入って日頃の疲れを癒しているのを想像するだけでも楽しいですね。



(以下、記事の引用)

信長が家臣とともに”慰安旅行”
『毎日新聞』記事(平成3年12月31日付)

 織田信長が天正六年(一五七八)春に木下藤吉郎や前田利家らの家臣とともに飛騨へ湯治に出かけたことを記録した古文書が関市内の旧家から見つかった。
 古文書は、同市内で書店を経営する羽渕友明さんが保存する「羽渕家家系図」で、鑑定によると江戸時代末期の文化年間に羽渕家当主が書いたもの。
 同家系図の「天正六戊寅春信長公岐阜ヨリ飛州御湯治之節」から始まる記述によると、信長は、岐阜から飛州(飛騨)へ湯治に行く途中で同家で休憩した。主人がお茶を出すと、信長は上機嫌になった。
 森長可、池田勝入、前田利家、木下藤吉郎といった同席家臣の名前も書かれており、その直後に「本能寺御大変残念不少事」と記されている。
 岐阜県歴史資料館の友田靖雄資料課長は「初めて聞く話だ。大変興味深い。このころ家臣を連れ、湯治旅行に行った可能性は十分にある」と話している。 
 湯治先について発見者で関市史編さん委員会の松原久男さんは「岐阜市から関市を通過しているため、下呂温泉」と推測している。温泉のある同県益田郡下呂町によると、同温泉は六世紀初頭に開湯。天正時代は、「湯島」「下留(げる、しものとまり)」と呼ばれ、美濃と飛騨をつなぐ街道沿いの湯治場として広く知られていた。当時は飛騨川の河原に穴を掘っただけの露天ぶろばかりだったという。
 この年、信長は四十五歳。本能寺の変であっけなく亡くなるのは四年後のこと。
 下呂町では「実証できれば、ブームにあやかって”信長の湯”とでも命名してPRしたいですね」と話している。


スポンサーサイト

05/19|森家コメント(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

うきき

Author:うきき
戦国に生きた森一族が大好きです。
いつか戦国武将・森長可の騎馬像を鋳造するのが夢です。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。