上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
江戸時代後期の絵師・酒井抱一(1761-1829)の描いた『集外三十六歌仙』(姫路市立美術館蔵)の中に「木下長嘯子」が登場します。
木下長嘯子(ちょうしょうし)は北政所の甥にして若桜小浜城主であった木下 勝俊のことで、森蘭丸の姉・うめ(宝泉院)の元夫でもあります。
『集外三十六歌仙』は江戸時代後期の作品なので酒井抱一の想像による絵姿と思われます。
姫路市立美術館サイト内の画像は貼ってはいけないようなのでリンク先だけご紹介します。

姫路市立美術館
http://www.city.himeji.lg.jp/art/index.html

集外三十六歌仙  
http://www.city.himeji.lg.jp/art/digital_museum/kyodo/yukari/hoitsu/shugai.html

集外三十六歌仙 木下長嘯子
http://www.city.himeji.lg.jp/art/digital_museum/kyodo/yukari/hoitsu/shugai/19.html


月思徃事  木下長嘯
「世々の人の月はながめしかたみぞと
おもへばおもへぬるゝ袖かな」


ちなみにこの歌は『森家先代実録 巻第三』でも紹介されています。




京都・圓徳院には木下長嘯子のお墓と木像(木像についての詳細は存じません)があります。
圓徳院さまのサイト内に木下長嘯子像の画像があったのでこちらもリンクを貼っておきますね。

圓徳院サイト
http://www.kodaiji.com/entoku-in/idx.shtml

木下長嘯子とその世界
http://www.kodaiji.com/entoku-in/chosyoshi/#1




スポンサーサイト
07/18|森家コメント(0)TOP↑
『太閤記銘々伝』という1878(明治11)年の書物にちょっといい感じの画風で森家の方々が登場していたのでお話のネタにご紹介します。この挿絵は浮世絵師の歌川芳春によって描かれました。


書籍データ
タイトル:『太閤記銘々伝』
著者:綱島亀吉
イラスト:朝香楼(歌川)芳春
出版年 1878(明治11)年



まずは、森可成父さん。安定感ハンパないです。
20160710-1.jpg


次は森長可アニキ。モテ男の必須アイテム「敵首」持参中。
20160710-2.jpg


森蘭丸2点セット。
光秀のもとどりをムンずとつかみ、鉄線で顔面を打ちすえ中。
20160710-4.jpg
目つきがちょっと怖いけど、お取り込み中(本能寺の変)だから仕方ないよね。
20160710-6.jpg


そして森坊丸(仿丸になってるけど)。気になる髪型。そしてこれは怒っている人の目だ。
20160710-5.jpg



番外編で坂井久蔵。蘭丸の姉・鴻野さまの元フィアンセ。これは敵の頭に刀をぶっ刺してそのまま首を「ブチッ」と引きちぎっているのでしょうか?
20160710-3.jpg

07/10|森家コメント(0)TOP↑
関連記事:「美作国万灯会

2016年7月2日に森忠政公の菩提寺・本源寺さま(岡山県津山市)で開催された万灯会の画像をいただきましたので掲載いたします。
森忠政公ら森一族の墓前にも明かりが灯っていた様子がわかりますね。

20160702-1.jpg

20160702-2.jpg

20160702-3.jpg

20160702-4.jpg

20160702-5.jpg

20160702-6.jpg

20160702-7.jpg

20160702-8.jpg

20160702-9.jpg

20160702-10.jpg












07/03|イベントコメント(0)TOP↑
プロフィール

うきき

Author:うきき
戦国に生きた森一族が大好きです。
いつか戦国武将・森長可の騎馬像を鋳造するのが夢です。

カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。