伝森長可着用の『総熊毛二枚胴具足』だそうです。熊耳つきの くまモン チックな具足ですね。
でも、詳細を存じません。
個人的な感想では、具足自体はユニークで面白いのですが、画僧を見る限りでは、長可らしさというか、長可にふさわしい軽妙洒脱さがないように思うので、そういう意味でも「伝森長可」の詳細を知りたいのですが…。
あ、でも、実物を見ればもっとかっこよいのかも知れませんね。(^_^;)


総熊毛二枚胴具足(画像提供:東京国立博物館


時代: 桃山時代
形状: 胸丈37.0_胴周り117.0
備考: 伝森長可着用

C0037312.jpg
http://webarchives.tnm.jp/imgsearch/show/C0037312

C0033353.jpg
http://webarchives.tnm.jp/imgsearch/show/C0033353

スポンサーサイト
12/27|森家コメント(4)TOP↑
 岡山駅から津山に行くのにはJR津山線が交通手段でしたが、2013年12月1日から高速バス『津山~岡山線<岡山エクスプレス津山号>』の運行も開始(両備バス・中鉄北部バス・中国JRバス3社で共同運行)するとのことで、交通手段が増えますね。



高速乗合バス「津山~岡山線」

両備バスサイト内記事

運行開始:平成25年12月1日(日)

運行経路:津山バスセンター~津山パーキング~(国道53号経由)~岡山駅西口~天満屋バスセンター
片道 62.3キロ※高速道路は通りません

運行回数一日6往復(両備バス:2往復、中鉄北部バス:2往復、中国JRバス:2往復)
運行時刻
岡山発 6:25、8:15、9:45、13:45、17:45、18:55
津山発 6:05、6:50、8:40、13:00、16:15、18:00

片道所要時間: 約1時間50分

運賃:津山~岡山間 片道 大人1,100円(小児550円)/往復 大人2,000円(小児1,000円)
       平日定期 大人24,200円(1カ月・期間中の平日のみ利用可)

乗車券の予約:予約制ではありません。座席定員制です。
車両使用


運行会社:両備ホールディングス株式会社/中鉄北部バス株式会社/中国ジェイアールバス株式会社



以上は、2013年11月28日の情報です。
ご利用の際は、必ず関係サイトなどで直接ご確認ください。よろしくお願いします。
なお、JR津山線利用の岡山駅ー津山駅所要時間は、普通で約1時間30分、快速で1時間9分ですので、時間があえばJRのほうが早いですね。JR運賃は1,110円なので、バスのほうが10円オトク?(^_^;)
12/01|お役立ちコメント(0)TOP↑
プロフィール

うきき

Author:うきき
戦国に生きた森一族が大好きです。
いつか戦国武将・森長可の騎馬像を鋳造するのが夢です。

カレンダー
11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR