自分の手持ちの資料をブログ上で整理することを兼ねて、『逸話の原文』のカテゴリを追加しました。
とりあえず、初回は森蘭丸が出てくるものをチョイスして掲載してみました。



明智光秀事

『鳩巣小説』に、本能寺にて明智日向守軍勢本堂へどつと押込候時、古堂の事故根太落申候、其時分信長の長刀など数十本本堂の天井に掛居候て、右の響にてことごとく落申候故、先をふまじとて大勢取除など仕候うちにゆとり有之候に付、四方田某と申者、脇入口より槍を提候て押込候故、蘭丸右の手に刀を提ながら、白小袖に髪を修禅寺紙の平元結にて茶筌髪に結候てかけ出、何者に候哉と罵る処を、右の四方田鎗にて突伏申侯、跡より信長白小袖にてねまきの儘にて、何者にやと被申候処、蘭丸、惟任謀反と見へ申候由申候得ば、其儘奥へ御入被成候を、今壱人の敵追かけ候て、後を御見せ申事はきたなく候由詞をかけ申候へぱ、信長見帰り被申、白眼被申候処、右之者矢を放して素肌に射付申候、夫に御構不被成奥へ御入、自害と見へ申候、其儘火手上り申候て致落去候。
四方田某蘭丸首を取り惟任へ見せ申候節、目くらくなりて得と見付不申、ひたと見候て其後蘭丸にて候と馬上にて悦、尻もちつき申候由に候、四方田は後越前へ被抱申候、丹波の士のよしにて候、四方田をヨモタとよみ申候はあしく候、音にてシホウデンとよみ申筈に候、それをシヲウデンと読誤申候、今越前に子孫四王天と書す、右一件松永貞徳が書に戴恩記と申ものに有之侯、実録と見へ申候、本堂に鎗の懸り候て大勢入込候て落申候事、又蘭丸修禅寺紙の平元結など左様に有之事に候、惣て実録はケ様之儀にて知れ申候、明智目くらく成候事天罰と申事に候得共、うろたへし事見へ候、夫が則天罰と存候。
易喜易徳は小益にて候得者、忠を得申事可成申候哉、推ふして心大成にて候。

出典:『一話一言』 太田南畝(1749-1823)

スポンサーサイト
10/13|逸話の原文(森蘭丸)コメント(0)TOP↑
プロフィール

うきき

Author:うきき
戦国に生きた森一族が大好きです。
いつか戦国武将・森長可の騎馬像を鋳造するのが夢です。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR