上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
蘭丸君の逸話「まん、まん」 その1 (『木村咄』より) の続き(現代語訳)を書く前に寄り道です。

今回は、前回ご紹介した古文書『木村咄』に載っていた森蘭丸の逸話を自信なくおおくりいたします。
私の力量不足で何と書いているのか判読し難いくずし字が2文字(「」「」)ありましたので、そこは赤文字にしてあります。要注意です。
間違っているかもしれないな、バーローと思いつつお読みください。


《原文》
一、忠時云、或時信長公味方郷人をして敵を謀給ふ事有、郷人敵の様子を語る、蘭丸傍ニて聞之、此郷人敵に被謀反間二なる物成へし、古老の士如何と云、蘭丸云、彼カ常に云所片言交り能物云也、敵地の様子を云処ハなまりの五音ハ一つにして言語の続ハ分明也、是もなき敵に謀を云放る所を其侭説ク物なるへし、是二心付て彼郷人を攻問へハ蘭丸さけすみに毛頭無違、信長公大に被感恩寵猶甚し、惣て蘭丸ハ智恵有て情の色深く近習の手本とも可成、名誉多き美童也




《読み下し文》
一、忠時云(い)ふ、或る時、信長公味方郷人をして敵を謀(はか)り給ふ事あり、郷人敵の様子を語る、蘭丸傍(かたわら)にてこれを聞き、此(この)郷人、敵に謀られて反間(はんかん)になる物なるべし、古老の士如何(いかん)と云ふ、蘭丸云ふ、彼が常に云ふ所片言交り能(よ)き物云(ものいい)なり、敵地の様子を云ふ処はなまりの五音は一つにして言語の続きは分明(ふんみょう)なり、是(これ)設(しつらへ)もなき敵に謀(はかりごと)を云ひ放たる所を其侭(そのまま)説く物なるべし、是に心付けて彼(か)の郷人を攻め問へば蘭丸さげすみに毛頭違い無く、信長公大いに感じられ恩寵猶(なほ)甚(はなはだ)し、惣(そうじ)て蘭丸は智恵有りて情の色深く近習の手本ともなるべし、名誉多き美童なり

《現代語訳》
斎藤忠時が言うには、
ある時、織田信長公は味方の郷人(ここでは敵地の民のこと?)を使って敵を欺きになられる事があった。郷人は敵の様子を語った。蘭丸はかたわらでこれを聞いて
『この郷人は敵に謀られて間者(スパイ)になった者に違いありません。』
と言った。
古老の武士は『どうしてだ。』と言った。
蘭丸が言った。
『あの者が普通のことを言っている部分は訛(なま)りがまじって達者なものいいです。敵地の様子をいう部分になると訛りの調子が一辺倒でありながら言語の続きははっきりとしています。これは準備もなかった敵将から謀(はかりごと)を言い放たれた部分を言われた通りの言葉のまま説明しているに違いありません。』
この言葉に配慮してその郷人を詰問すると、蘭丸の推量に少しも間違いなく、信長公は大いに感心なさって蘭丸への恩寵はなおのことはなはだしいものになった。
総じて蘭丸は智恵があり、情も深く、近習の手本となるものに違いない、名誉多き美童である。


《メモ》
忠時:岡山藩士・斎藤忠時。この『木村咄』の著者の一人。
郷人(きょうじん):同郷の人。故郷の人。村人。
反間(はんかん):間者。間諜(かんちょう)。スパイ。
如何(いかん):なぜ。どうして。
五音(ごいん):声の調子。トーン。
分明(ふんみょう):明らかなこと。
設(しつらへ):用意。準備。(※「」の字は解読ミスかもしれません。でも、他に候補の字が浮かびません。)
:「将」は解読ミスかも…次の候補が「敵役」です。
さげすみ:物事を推し量ること。推察。
原文が「さけすみ」だったので、蘭丸が蔑(さげず)んでいるのか…どんな表情で?と思ったらそうじゃなかった、「さげすみ」でした!!大工が墨のついた糸を垂らして柱なんかの垂直を測る”下墨(さげすみ)”が由来の言葉だそうです。今はほとんど使われていない難しい言葉ですね。)


現代語訳は読みやすいように言葉を補いつつ訳してみました。
何かお気づきの点やご指摘がございましたら(気が小さいのでできれば優しい言い回しで)お知らせください。

蘭丸の知性は本物ですね!!しかもやさしい(まんまん)!!しかも最後にさりげなく美童とか書かれてる!!

なお、似たような話が『森家先代実録』にも掲載されています。
そう何度もある出来事ではなさそうですし、きっと元来は同じ話ですよね。(;´Д`)。
現代語訳ですが、興味のあられる方々は蘭丸の逸話のページの『■人を見抜くチカラ。』の項目をご参照ください。
スポンサーサイト
09/20|逸話の原文(森蘭丸)コメント(2)TOP↑
博多では7月になると博多祇園山笠というお祭りで盛りあがります。
詳しい内容はこちらの公式サイトをご参照ください。

博多祇園山笠公式サイト
http://www.hakatayamakasa.com/

で、
今年(2017年)の一番山笠・中州流れの飾り山の見送りが
「本能寺の変」でしたので、撮影してきました。

20170703a.jpg

飾り山のてっぺん付近に配されたお人形は正親町天皇でいらっしゃいます。
本能寺で奮戦する織田信長と森蘭丸のお人形さんと、それに対するは斎藤利三と明智惟任日向守光秀だそう。
現地の説明書きを丸写ししました(↓)。


本能寺の変
人形師:中村 信喬
天正十年六月二日(一五八二年六月二十一日)の早朝、京都本能寺に宿泊していた織田信長が、家臣明智光秀により襲撃された事件である。場面は、当時の正親町天皇(おおぎまちてんのう)を最上段に配置して、織田信長が弓を手にして立ち、小姓の森蘭丸が刀を抜き放ち、明智家臣、斎藤利三(さいとうとしみつ)が今正に槍を構え信長を撃たんとする姿を中段に配置して、下段に明智惟任日向守光秀(あけちこれとうひゅうがのかみみつひで)が『敵は本能寺に有り』と言い采配を振っている姿を製作いたしました。



そして織田信長と森蘭丸のお人形さんのアップを撮影してみました。
織田方がこの二人なんていいチョイスですよね~。
蘭丸、小学生のように初々しい!!桃太郎さんみたいだぞ!ガンバレ!
おっしょい!おっしょい!!(山笠のかけ声)


20170703b.jpg

07/03|イベントコメント(0)TOP↑
ネット通販で織田信長の陶器の置物を購入しました。
あまりにキュートなのでブログにのせます。

20140211.jpg

ちなみに、画像の背後は長久手合戦図屏風のミニチュア(徳川美術館で購入)、三足の蛙の文鎮(本能寺で購入)、織田信長甲冑フィギュア(サントリープレミアムモルツのおまけ)です。

信長の置物は瀬戸市の陶器の会社・松葉産業さんのオンラインショップで購入しました。
今はこの信長公、我が家の玄関に鎮座まします。
02/11|雑記コメント(0)TOP↑
 今回は森一族のメンバーの銅像・石像などを紹介します。
まずは大阪青山歴史文学博物館前(兵庫県川西市長尾町)にある森蘭丸の銅像です。
蘭丸単体ではなく、織田信長と塩川伯耆守の三人が銅像になって並んでいます。塩川氏(または塩河氏)はこの銅像が建つ地元の武将。

以下画像、逆光で写りが悪くてすみません。

20130807e.jpg
塩川伯耆守(左)、織田信長(中央)、森蘭丸(右)。天守閣みたいな建物は大阪青山歴史文学博物館。

20130709b.jpg
背後から撮影。

20130708c.jpg
森蘭丸銅像。

20130807d.jpg

森蘭丸の銅像の顔(画像クリックで拡大)。

 なぜ兵庫県にこの銅像があるのかといえば『信長公記』の以下の記述(銅像の台座にある文章を下に書き出しておきます。)からインスパイアされたもののようです。
織田信長が多田の谷と言われるこの地元で鷹狩りをした時のものからのイメージでしょうか。


『信長公記』関連記事

天正三(1575)年
六月廿七日:御上着 相国寺御寄宿
七月朔日 :塩河伯耆(長満)是は御馬拝領、畿内隣国面々御出仕これあり

天正七(1579)年
三月十四日:多田の谷御鷹つかはされ候、塩河勘十郎、一献進上、其時御道複(道服どうふく)下され頂戴、忝き次第なり
三月晦日 :御鷹野、みのをの滝御見物。其の日十三尾の御鷹少し足を痛め申すの由候
四月十八日:塩河伯耆守へ銀子百枚遣はされ候、御使森乱(蘭丸)中西権兵衛相副へ下さる、過分忝きの由候なり

天正八(1580)年
二月廿七日:山崎に至って御成り
爰にて津田七兵衛信澄・塩河伯耆・惟住五郎左衛門(丹羽長秀)両三人、兵庫はなくま表へ相働き御敵はなくまへ差し向ひ然るべき地を御取出の御要害に仕候て、池田勝三郎父子(信輝・之助・輝政)三人入れ置き其上帰陣仕るべきの旨仰付けられ訖




銅像のある大阪青山歴史文学博物館サイトへのリンクです。


大阪青山歴史文学博物館
http://www1.osaka-aoyama.ac.jp/oa/museum/index.html

トップページ > ご挨拶 > 目的
古代から現代まで歴史に名を残す地に、日本建築の集大成を再現
清和源氏発祥の地・川西は、歴史上の要衝(銅像画像あり)

http://www1.osaka-aoyama.ac.jp/oa/museum/outline/purpose.html

07/09|森家コメント(0)トラックバック(1)TOP↑
ぬ!



サントリー ザ・プレミアム・モルツ 戦国武将甲冑
サークルKサンクス

http://www.circleksunkus.jp/cs/campaign/puremoru/

サントリー ザ・プレミアム・モルツ2缶セットに、サークルKサンクス限定の「戦国武将甲冑フィギュアプレゼント」が付いてます!
全4種. 一.伊達政宗; 二.真田幸村; 三.織田信長; 四.徳川家康



《追記》
今日、サンクス二軒回って無事に購入できました。ひと安心。

20130424a.jpg

20130424b.jpg
04/24|お役立ちコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

うきき

Author:うきき
戦国に生きた森一族が大好きです。
いつか戦国武将・森長可の騎馬像を鋳造するのが夢です。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。