fc2ブログ
このたび、岡山県津山市の「鞍懸寅二郎研究会」の皆さんが幕末の津山藩士・鞍懸寅二郎(もと赤穂藩森家藩士→のちに津山藩松平家に仕官)の功績をまとめた本を出版なさいました。

1冊税込み1500円です。
購入については津山市内の本屋さんでも販売予定だそうですが、事務局の本源寺さんへのお電話でもOKとのことです。



2021331s.jpg


『没後百五十年 史料が語る 津山藩士 鞍懸寅二郎』
================================================
2021年3月31日発行
【編集】鞍懸寅二郎研究会
【発行】森忠政公報恩会
A4サイズ
195ページ
『史料編』DVDつき

価格1500円(税込み)
事務局 本源寺(TEL:0868-22-7351 津山市小田中1373)

================================================





以下、出版に関して山陽新聞の記事を引用
※実際に出版されたのは2021年3月31日です)
(※実際の販売価格は1500円だそうです)


(引用開始)
津山藩士・鞍懸寅二郎 功績知って 研究会が10月に本出版

 明治維新の際、津山藩松平家で明治新政府との衝突回避に尽力した藩士の鞍懸寅二郎(くらかけとらじろう、1834~71年)の顕彰に取り組む「鞍懸寅二郎研究会」は、功績をまとめた本を10月中旬に出版する。今年、150回忌の節目を迎えたのに合わせて企画した。

 研究会は寅二郎の墓がある本源寺(津山市小田中)の華山義道住職(49)が多くの人に功績を知ってもらいたいと呼び掛け、市内の郷土史家や歴史愛好家らで昨年5月に発足した。本源寺は津山藩森家の菩提寺(ぼだいじ)で、初代藩主森忠政(1570~1634年)を顕彰している森忠政公報恩会が協力。報恩会の副会長で郷土史家の竹内佑宜さん(73)=同市=が研究会の会長に就き、現在は15人で活動している。

 研究会は2カ月に1回程度の会合を開き、本の内容を精査。森家の後に藩政を担った松平家に仕官して活躍した寅二郎の生涯をたどり、徳川親藩だった津山藩で藩論をまとめたことや、新政府で国内行政を担当する民部省へ出仕したことなどを盛り込む。昨年12月に新たに見つかった直筆の日記や書状などの史料も内容に反映している。本は1500部作成し、1冊千円で市内の書店などでの販売を予定している。

 新たに見つかった史料約100点は本源寺に寄託されており、竹内会長は「出版を機に、寅二郎の功績を広める活動をさらに加速させたい。寄託された史料を展示し、多くの人に見てもらう場をつくれれば」と話している。

 出版の他、報恩会が準備している寅二郎の記念碑建立や、今月下旬に本源寺で予定していた150回忌記念法要と記念碑除幕式は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け延期。来年9月下旬に改めて記念法要や除幕式を行う。

 鞍懸寅二郎 赤穂藩の下級藩士の家に生まれ、勘定奉行を務めた。1862年に津山藩松平家へ仕官。渉外を担う国事周旋掛を拝命し、津山藩領だった小豆島沖の英国船上で船員の銃が暴発して島民が死亡した事件(64年)では、当時としては異例の賠償金を勝ち取り、全国に名を知らしめた。明治維新の際は、藩主慶倫(よしとも)の上洛(じょうらく)に尽力。71年8月に何者かに銃撃された。享年38歳。

2020年9月 2日 14:47
記事提供:山陽新聞社


(引用終了)
関連ニュースリンク
『津山藩士・鞍懸寅二郎 功績知って 研究会が10月に本出版』(山陽新聞デジタル|さんデジ)

『発見 津山藩士・鞍懸寅二郎の史料 直筆日記や写真原本など100点』(山陽新聞デジタル|さんデジ)

スポンサーサイト



03/31|イベントコメント(0)TOP↑
第80回(再興して4回目)の『美作国万灯会』のお知らせです。

『第八十回 美作国万灯会』
◆日時: 2019年6月29日 18:00~20:30
◆場所: 本源寺(岡山県津山市小田中1373)
◆拝観料・演奏料: 無料
◆献灯料: 500円(※希望者のみ)
◆出店: 軽食・喫茶・かき氷ほか

チラシ表
20190608b (2)



津山藩 森家菩提寺
東海山本源寺 特別拝観


■特別拝観
◆日時:2019年7月1日(日)-7月7日(日) 10:00-16:00(7日は午後のみ)
期間中は、お抹茶とお菓子をご用意しております。

■初代津山藩主 森忠政公 毎歳忌法要
◆日時: 2019年7月7日(日) 10:00- 
◆場所:本源寺本堂にて
法要後、特別講演を開催いたします
◆特別講演
講師/津山郷土博物館長 小島徹さん
~津山藩森家時代の話~(無料)

どなたでもお参りできます
森忠政公の守り本尊、千手観音菩薩像(高さ五寸五分)を、特別に御開帳いたします。


チラシ裏
20190608b (1)

06/08|イベントコメント(0)TOP↑
自分用メモ。行かねば。入らねば。

湯原温泉(岡山県真庭市)


温泉寺文書
湯本にあった温泉寺(薬師堂が温泉街に残っている)文書の中に「慶長十七年に湯本村の美甘宗玄が森忠政の許しを得て温泉を開き、薬師堂を建立した。宗玄は久世町薬王寺の檀家なので、薬王寺の末寺として温泉寺と名付けた。棟札は慶長十七年、願主・宗玄」とある。また、「本尊は薬師如来であり、開祖は美甘惚兵衛、慶長十一年成就」(『湯原町史』から)とある。
江戸期から温泉の元締めをしていた湯本屋の美甘家に残る森忠政の温泉免許文書にも、「湯本請所(温泉のこと)について申し付ける。他国の者が出入りするので、諸事みだりなくするよう心得ること。当年中の請所の運上銀(税金)は、二百七十目。湯本村、惚兵衛、慶長十七年(一六一二)」と記され、温泉の起源について触れている。

(元禄の資料が示す伝承)
慶長年間になり、森忠政は(宇喜多秀家の造った)湯場を修復して訪れた。二代目藩主の長継も新たに修理した。また、その子忠継もたびたび湯治に訪れた。

『昭和40年にたどった大山道』小谷善守 津山朝日新聞社 より引用




露天風呂 砂湯(すなゆ)
砂湯はもともと平安中期の僧侶によって開かれ、初代津山藩主・森忠政が川底から湧き出る泉源を石で囲って湯船を造ったと伝えられています。

湯原温泉「菊の湯」サイト様より。
http://www.yubara-kikunoyu.com/sight/yubara_onsengai.html


11/22|メモコメント(0)TOP↑
関連記事:「美作国万灯会

2016年7月2日に森忠政公の菩提寺・本源寺さま(岡山県津山市)で開催された万灯会の画像をいただきましたので掲載いたします。
森忠政公ら森一族の墓前にも明かりが灯っていた様子がわかりますね。

20160702-1.jpg

20160702-2.jpg

20160702-3.jpg

20160702-4.jpg

20160702-5.jpg

20160702-6.jpg

20160702-7.jpg

20160702-8.jpg

20160702-9.jpg

20160702-10.jpg












07/03|イベントコメント(0)TOP↑
津山市東一宮にある『関勘解由屋敷跡』の画像をいただきましたので掲載いたします。
(このブログ下方に画像を4枚掲載しています。)
土塁がきれいに残っている様子がよくわかります。
この関勘解由屋敷跡には私も数年前から行きたいと思いつつ、まだ訪問が叶っていない場所です。この土塁の上に寝ころんだら気持ちよさそうですね。
『関勘解由屋敷跡』は一般にはなじみのない森家レベル10(当社比)のマイナー史跡と思われますので『美作国の山城』より引用した解説を掲載しておきます。



(『美作の山城』 p.23より引用)
関勘解由屋敷 
所在地:津山市東一宮
立地:山方地区の県道三四三号線の北側に位置し、昭和池の約八〇〇m東にある。黒沢山系から南に延伸する標高約二七〇m付近の尾根上に位置する。
縄張:屋敷地らしき区画が確認されるが、内部は土塁により複雑に仕切られており後世の改変が激しい。屋敷として機能したとすると、関氏は津山盆地の後背地の高台に自らの屋敷を構えたと評価できる。関勘解由は不明であるので今後の検証が必要であるが、津山藩森家一門、関氏一族の可能性がある。
城史:「東作誌」は東南条郡東一宮村の「関勘解由屋敷跡」として、高築の地にありと記す。同書は併せて「上臈屋敷」を掲げ、西山方の農民清右衛門の持林の内にあり、上臈については不詳としている。『改訂岡山県遺跡地図』は「山方深田遺跡」とし、尾根を段状に加工しており城跡かとする。また近接する「山方鳥羽遺跡」は幅二m、高さ一mの土塁が約五〇mにわたって存在し、一部は墓地や林道で切られている。土塁の性格は明瞭ではないが城か、とする。
遺物:土器(時期不詳)
文献:「東作誌」、『苫田郡誌』、『美作古城史』、『改訂岡山県遺跡地図』津山18~20・26、『美作一宮 郷土の遺産』

(『美作国の山城』  編集:美作国の山城編集委員会/発行:第二五回国民文化祭津山市実行員会、平成22年)

引用終了



seki1.jpg

seki2.jpg

seki3.jpg

seki4.jpg
03/05|関家コメント(0)TOP↑
プロフィール

うきき

Author:うきき
戦国に生きた森一族が大好きです。
いつか戦国武将・森長可の騎馬像を鋳造するのが夢です。

カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR