上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
自分用メモ。行かねば。入らねば。

湯原温泉(岡山県真庭市)


温泉寺文書
湯本にあった温泉寺(薬師堂が温泉街に残っている)文書の中に「慶長十七年に湯本村の美甘宗玄が森忠政の許しを得て温泉を開き、薬師堂を建立した。宗玄は久世町薬王寺の檀家なので、薬王寺の末寺として温泉寺と名付けた。棟札は慶長十七年、願主・宗玄」とある。また、「本尊は薬師如来であり、開祖は美甘惚兵衛、慶長十一年成就」(『湯原町史』から)とある。
江戸期から温泉の元締めをしていた湯本屋の美甘家に残る森忠政の温泉免許文書にも、「湯本請所(温泉のこと)について申し付ける。他国の者が出入りするので、諸事みだりなくするよう心得ること。当年中の請所の運上銀(税金)は、二百七十目。湯本村、惚兵衛、慶長十七年(一六一二)」と記され、温泉の起源について触れている。

(元禄の資料が示す伝承)
慶長年間になり、森忠政は(宇喜多秀家の造った)湯場を修復して訪れた。二代目藩主の長継も新たに修理した。また、その子忠継もたびたび湯治に訪れた。

『昭和40年にたどった大山道』小谷善守 津山朝日新聞社 より引用




露天風呂 砂湯(すなゆ)
砂湯はもともと平安中期の僧侶によって開かれ、初代津山藩主・森忠政が川底から湧き出る泉源を石で囲って湯船を造ったと伝えられています。

湯原温泉「菊の湯」サイト様より。
http://www.yubara-kikunoyu.com/sight/yubara_onsengai.html


スポンサーサイト
11/22|メモコメント(0)TOP↑
関連記事:「美作国万灯会

2016年7月2日に森忠政公の菩提寺・本源寺さま(岡山県津山市)で開催された万灯会の画像をいただきましたので掲載いたします。
森忠政公ら森一族の墓前にも明かりが灯っていた様子がわかりますね。

20160702-1.jpg

20160702-2.jpg

20160702-3.jpg

20160702-4.jpg

20160702-5.jpg

20160702-6.jpg

20160702-7.jpg

20160702-8.jpg

20160702-9.jpg

20160702-10.jpg












07/03|イベントコメント(0)TOP↑
ほとんど自分用の備忘録です。(^_^;)

現在、長野市立博物館で開催中の企画展『川中島を行きかった武将たち』(2016年4月23日(土)- 6月5日(日))にあわせて刊行された図録『海津城の主たち』を入手しました。
その中で私が気になったこと、参考にしようと思ったことをここにメモしておきます(ただし、イケメン森家の事柄に限る)。

鶴ちゃんの、あっちむいてホイ!!
図録は森家の鶴丸紋が逆向き表示(鶴ちゃんが右むいちゃってます)になっていたりします。
該当ページは今ならPDFで閲覧できます。長野市博物館さんサイト→『海津城の主たち』目次
ぐはっ!何かのミス?!見ていて何か落ち着かない!!!
同じページに描かれている上杉家や松平家や真田家の家紋は左右対称なので、間違って家紋が反転されていても森家にしか影響しないという…クッ!
森家の鶴丸紋は、2匹の鶴を向かい合わせた状態にして描かれることもあるため、『右向け右!』パターンも、あるといえばあるのですが、通常は左向きです。単体で登場した場合は鶴ちゃんは常に左向きです。昔は「左」を「右」よりも上位に置く認識だったから左向きがスタンダードなのかなーとか勝手に思ったりしてます(←私の思い込みであり、嘘かもしれません。)

森長可さんにも、あっちむいてホイ!!
また、『海津城の主たち』の中にある「海津城の城主ほか変遷」の欄の『森長可』は『本能寺の変で逃げ帰る』とかいう一言で終わってました。
もっと森家に愛を注いでください長野県民…。
森長可は誰にでも優しく(好きな相手限定、あとは死ね)立派な武将なんですよ…。

森忠政の待望の城
海津城は現在の「松代城」という城名になるまで色々とネーミングを替えられています。

海津城(武田信玄が命名。)

待城(森忠政が命名)

松城(松平忠輝が命名)

松代城


この件についても図録に触れてありましたので引用しておきます。


(以下、『海津城の主たち』より引用)
・永禄ノ初、新城ヲ築テ海津城ト名ク、慶長ノ初メ待城、又、松城ト改ム、正徳以降松代ノ字ヲ用ウト云 『松代地誌稿』

・武田信玄は城を造り、その名を海津城とした。その後、慶長の初めには城の名前を「待城」もしくは「松城」としたという。そして江戸時代の正徳年間には、「松代」と地名が変わり、城の名は「松代城」となったというのである。城の名である「待城」「松城」がどこに由来するのかは諸説ある。戦国時代に使われていた「海津」の地名が江戸時代になって城の名とともに「松代」にかわったということができる。

・森忠政は、兄の森長可が織田信長のもとで海津城に入ったが、夢を果たせずに退去したことに鑑みて、待ちに待った城という意味で、「待城」と名づけたとされる。

・松平忠輝は松平の城という意味で、「待城」を「松城」にしたという。

(以上、引用終了)



森忠政が海津城を「待城」と改めたというのは上記の説のほかに、
「領民は我(憎き森長可の弟)がくるのを待っていただろうから。」
とかいう意味合いだったという説もあります(中二病とか謂うなかれ)。

先日、津山の森家関係の方とお話していて、面白いお話を伺いました。
「『待城』の改名は、森忠政が徳川からの恩賞を『待ってる』っていう、徳川に向けたメッセージだったのではないのでしょうか。実際に森忠政は関ヶ原の合戦(慶長5年・1600年)が終わって美作国を拝領するまで(慶長8年・1603年)恩賞をもらえないまま川中島でそのままにされていたのですから…。」
そういえばそうだな、関ヶ原に行きたくて行きたくてたまらない森忠政を
「大丈夫だから」
「親父(家康)にもちゃんと言っておくから大丈夫だから」
と徳川秀忠に諭されて、そのまま真田の押さえとして信州に取り残されてましたっけ…。そしてさらにそのまま…放置プレイだったのか…。
このお話、なんだかすごく説得力があると思ってすごく心に残っております。
また、「待城」については「たいじょう」という「ふりがな」を振られることが多いので何度かこのことについで森家仲間の間でも話題になりましたが、森忠政の「待ってた」理論と、のちに松平がこの城を「松城」と漢字変換したことも考えれば素直に訓読みで「まつしろ」でよろしいのではないかと考えています。

国宝に森長可?!上杉景勝書状
『海津城の主たち』図録には
「29 上杉景勝書状 米沢市上杉博物館蔵 国宝」
の書状が掲載してあります。
図録をスキャンしてここに掲載すると犯罪者になってしまうので、所蔵先の米沢市上杉博物館サイトにあった書状のリンクを掲載しておきます。


[伝国の杜]米沢市上杉博物館(外部リンク)
【国宝】上条冝順宛 上杉景勝書状 上杉景勝 天正10年(1582)4月3日 (外部リンク)


この書状について図録『海津城の主たち』の解説には
『天正十(一五八二)年四月三日付の書状。上杉景勝が上条宜順に対して諮問したもの。内容は、天正十年に織田信長の軍として森長可が北信濃を占領したが、長沼城のことや越中の須田満親が撤退を余儀なくされた状況にあることをふまえ、その備えをどうするかを尋ねる。』
と、あったので、国宝の書状に森長可のことがっ???!!!
と一瞬は興奮しましたが、書状の中には「森長可」の名は直接には書いていないようですね。
書下し文は『信濃史料』にありました。
『信濃史料 巻十五』上杉景勝書状 長沼城ノ武主ヲ諮ル

あ、図録『海津城の主たち』は郵送してもらうことも可能です。

長野市立博物館(外部リンク)
長野市立博物館企画展『川中島を行き交わった武将たち』(外部リンク)


それにしても、やっぱり鶴丸紋が右向きなのが気になります…。
05/08|雑記コメント(0)TOP↑
先日、岡山県津山市で講演をした時に、聴講くださった方から
『津山城近くの丹後山にキリシタン墓地がある』
『森忠政はキリシタンに対しておおらかだった』
というお話とともに、
『19世紀のフランス人外交官が海外にある日本の切支丹関係の記録をまとめたものに忠政の事が出てくる』
ことを教わりました。

で、福岡に戻ってから、その記録――フランス人外交官レオン・パジェス(Léon Pagès)が書いた『Histoire de la religion chrétienne au Japon 』の原文を探し当てました。

Histoire de la religion chrétienne au Japon
https://archive.org/stream/histoiredelarel02paggoog#page/n11/mode/2up

上のデータ書籍の320ページの本文最終行から321ページの5行目までが該当箇所のようです。
このデータの森忠政の部分を引用しておきます。


(引用開始)
Le prince de Mimasaka fit dire à la cour qu'il n'existait plus de chretience sur ses tress, et il ferma les yeux. Près de sa capitale était un beau cimetière, ou les chrétiens allaient faire leur prière; au centre s'élevait une croix magnifique, de 15 palmes de hauteur, comme pour vérifier les paroles du psaume: Dominare in medio inimicorum tuorum(1).

(1)Ps.CIX2.

(引用終了)


『Le Prince de Mimasaka(ル プランス ド ミマサカ)』=森忠政
なんか、かっこいいですね!
カボチャパンツはいて、マントをなびかせつつ白馬に乗ってきてくれそうですね!
それにしても、seigneur(シニョーレ)じゃなくて、prince(プランス)なんですね。

この日本語訳が岩波文庫から『日本切支丹宗門史』というタイトルで出版されているので(でも絶版)、図書館で借りてきました。


『日本切支丹宗門史 上巻』岩波文庫
レオン・パジェス (著)
吉田 小五郎 (翻訳)

(引用開始)
p.404-405
美作の領主(森忠政)は、領内にキリシタンはをらぬと政廰に報告させ、目を閉じた。
彼の城下(津山)の近くに、或る美しい墓地があつて、キリシタンはそこに行つては、祈祷を捧げてゐたが、その中央に高さ十五パルムの素晴らしい十字架を立てた。之は「汝はもろもろの仇の中に王となるべし(※)」Dominare in medio inimicorum tuorumといふ、詩編の中の言葉を實現するためのやうであつた。


※ 詩編 ps. CIX,2.



文中の「祈祷」の「祷」はもっと複雑な異字体「禱」を使っていますが、環境依存文字なので常用の文字のほうで表示しました。
…1938年の出版物とあって、岩波文庫の日本語訳も古さを感じる文章ですね。(^_^;)

私は一応フランス語は少しかじった事があるにはあるのですが、使わなくなって久しく翻訳に自信がごさいません…。
でも、古文書でも外国語でも原文を自分で精査してみないと納得できない性格なので、表現にどういった単語が使われているのか気にかけつつ訳してみました。



(管理人の日本語訳)
美作の王子(森忠政)は、もはや領内にはキリシタンは存在しないと幕府に報告して黙認した。
その都(津山)の近くには美しい墓地があり、そこでキリシタン達は祈祷を捧げていた。中央には高さ15パルムの素晴らしい十字架が立っていた。それはさながら詩編にある言葉『あなたはもろもろの敵のなかで治めよ』を実証するかのようであった。




少しはわかりやすくなったでしょうか…。

岩波文庫の日本語訳の『目を閉じた』の意味がよくわからなかったのですが、原文は” il ferma les yeux”で、文字通りに訳すと確かに『彼は目を閉じた』ではありますが、この”fermer les yeux”は『黙認する』という意味にも使いますので、そう書いたほうが判りやすりと思いそのように訳してみました。

岩波文庫訳の『政廰(政庁)』は、原文では"cour"、これは英語で言う"court"で『王室』という意味です。
日本においては徳川幕府のことが当てはまるでしょうから、そのように訳してみました。

『15パルム』は原文では"15 palmes"。”palm”はもとは「手のひら」という意味ですが、長さの単位としても使います。
で、15パルムは何センチなんだーー!!!
と、なるとよくわかりません。
palmはヨーロッパの国や時代(古代-現代)によって変動があります。手のひらの幅で計る地域では訳7.6cm-10cmくらい、手のひらの長さで計る地域では18-25cmくらいです。
これを書いた19世紀のフランス人レオン・パジェスさんがこの記事を記すにあたり、引用元にあった記述をまんま引用してきたか、それとも、レオンさんの当時のフランス基準で計算しなおした上で記事を記したものなのかわからず、答えが出せませんでした。
一応、中世おフランス方式ではだいたい1パルムが25cmなので、15×25cm=375cmでしょうか(ご意見お待ちしております。)。
でけーよ!!!バレるよ!!
それはヤバすぎるよ!!
そんな露骨に十字架を立てていたとしたら、さすがに忠政も黙認できないで倒しにかかると思うんですが、原文が”une croix magnifique(素晴らしい十字架)”…この形容詞”magnifique”は「壮麗な」とか「豪華な」という意味合いを含む「素晴らしい」なので、そのくらいの迫力はあったのかもしれません。

ただ、「森忠政」、「十字架」というと、森忠政の使っていた筆文字の『十』文字の家紋がちらつく私です…。

忠政が使っていたその十字紋を以って”忠政はキリシタンだった”説もあったようですが、私の個人的意見では、あの一向宗(浄土真宗)に超絶ウルトラ熱心な母や叔父の元で育った忠政がキリシタンに傾倒するとは考えにくいものがあります(あくまでも個人的な想像です)。

そして原文最後の「Dominare in medio inimicorum tuorum.」はラテン語です。
文字通りに訳すと(ラテン語は大学の選択科目で1年間習った程度の初心者です)、
「あなたの敵の真ん中で治めなさい。」
となります。
この言葉については、日本語訳の聖書からかっこよい言い回しを引用すると、
『あなたはもろもろの敵のなかで治めよ』
とのことです。
聖書の世界については深く知らないのですが、手元にある資料で少し調べた限りでは、この言葉の発言者は主ヤハウェ(万物の創造者である神)であり、「あなた」というのはダビデ王(もしくは別の王)のことらしいです。
岩波文庫の訳が「汝はもろもろの仇の中に王となるべし」となっているので、「王」の言葉につれらてこれは森忠政に対して言っているものと勘違いしそうになりますが、フランス語の原文を読むと、この言葉は十字架を立てて祈祷を捧げるキリシタン達に対して言っていることがわかります。

ところで、この記事のことを教えてくださった方が話していた『丹後山』がどこにも出てこない…。Σ(゜□゜;
そういえば、松田重雄という方の著作本もお手にお持ちだったから、そっちに載っていたのかしら。(^_^;)



12/13|森家コメント(6)TOP↑
津山市郷土博物館のサイト内で『津山市史』全7巻がPDF公開されています。
ありがたや。
第3巻には森家の事が書かれております。

『第3巻(近世Ⅰ-森藩時代-)』 PDF
http://www.tsu-haku.jp/asset/00032/shishi/shishi3.pdf


一方、平成29年から刊行予定の新しい『津山市史』にも期待大です。
09/24|お役立ちコメント(0)TOP↑
プロフィール

うきき

Author:うきき
戦国に生きた森一族が大好きです。
いつか戦国武将・森長可の騎馬像を鋳造するのが夢です。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。