妙願寺(岡山県津山市)には、森蘭丸の母・妙向尼の妙願寺宛ての書状が残っています。
妙願寺宛てとは言っても、当時の初代住職・了向さんは、妙向尼にとっては外孫に当たる人です。

この書状をサイト上でずっと紹介できなかったのは、私の能力ではママンの書状がなかなか読めなかったからです。

女性の筆遣いは、女筆(にょひつ)と言われていて、『まゐらせ候』や『候べく候』などと言った独特な言い回しが使われていて、かな文字のくずし方もこれまた独特な連綿体の連続です。
古文書が読める人でも女筆の判読は苦手な人が人が多くて、つい、逃げて通ってしまうものらしく…。

で、今回は書籍(『森蘭丸とその母の流れ』森嵩正/近代文芸社)に載っている解読をほぼ参照しました。
解読文を読んだ上でなら、書状に書いてある字が私でも認識できる感じだったので…。




ふみにて申し入れまゐらせ候 いよいよそもじどの息に御くらし候はんとめで度存じまゐらせ候 さ候へば廿日の夕ほう恩講御取こしいたし度くぞんじまゐらせ候まま■義ながら参詣たのみ入まゐらせ候 めで度かしく

なほいつぞややくそくいたしまゐらせ候かけもの進め候 受け取申され候 かしく 
                                                妙向

妙ぐわんじどの
  まゐる
 




1:参考にした解読文では、意味が分かりやすいようにか解読が『息災』になっていましたが、実際の書状の文字は『息才』と読めますので、そのまま表記しました。妙向尼の書状に限らず、今まで読んだ古文書でも『息才』の字が使われていたケースがありました。妙向尼は『災』の文字を使いたくない人だったんだろうと思うので、その性格を尊重して敢えて『息才』と表記しておきます。

2:■は、文字が解読不能らしいですが、私が書状を見ると『太』に読めました。『太義』って言い方で「大儀」と同じ意味にはならないですかね…。だめ…?これまで解読不能とされている文字が、あっさり私にわかるはずないか…。

3:意味はもう少し勉強してから書きます…。

4:書状の画像は、『森蘭丸とその母の流れ』(森嵩正/近代文芸社)や『津山の文化財』(津山市教育委員会)などにありますが、今はどちらも入手しづらいようです。

スポンサーサイト
01/22|森家コメント(2)TOP↑
平成4年4月1日から9月30日まで行われていた
『森蘭丸のふる里 城下町兼山を歩く』キャンペーンの時のスタンプです。
(下記の史跡解説の文章はスタンプラリーカードからの引用です。)




可成寺スタンプ
金山城二代目城主森長可が父可成の菩提のため創建。可成、可隆、長可、蘭丸、坊丸、力丸の墓が並ぶ森家の菩提寺です。
20140621c.jpg



常照寺スタンプ
金山城初代城主森可成の妻で長可・蘭丸の生母である妙向尼が亡き父の菩提を弔うため建立された寺です。
20140621b.jpg



金山城跡跡スタンプ
古城山初めて築城したのは斎藤道三の養子正義で烏ケ峰城と改称した。その後信長の命により森可成が金山城と改称し、森家三代の居城となりました。
20140621a.jpg




実はスタンプラリーポイントがほかにも
『名鉄兼山駅』
『民俗資料館』
『兼山湊』
『浄音寺』
『貴船神社』
とあったのですが、訪問時は案内人の方と一緒に行動していたのでスタンプを押しにいけませんでした。
(名鉄兼山駅のスタンプは押せたけど薄くて見えないのでアップしていません…)
06/22|お役立ちコメント(0)TOP↑
 岡山県津山市の森家(蘭丸らの母/妙向尼)の菩提寺・妙願寺の境内にある『妙向禅尼之像』です。
妙願寺には『妙向尼画像』もあるのですが、その画像がこの石像のモデルとなっているそうです。
ちなみに画像も右手に数珠を持っておられます。
数珠は左手でという現代の作法とは少々違うのでしょうか。

20130712c.jpg

20130712a.jpg

 石像下の土台に彫られた言葉を下記に転記しました。


『妙向禅尼之像』
津山城主森忠政公御母堂妙向禅
尼ハ夫君森可成公討死ニヨリ剃
髪シ浄土真宗ニ歸依ス石山戦争
ニ際シテハ和睦成立ノタメニ奔
走シ本願寺ノ危機ヲ救フ是ニ於
テ織田信長公トノ盟約ニヨリ妙
願寺ヲ建立ス今茲ニ歎異抄ニ聞
ク會創立十五周年ヲ迎ヘマタ森
長可・関成倫兩公四百回忌並ビ
ニ森忠政公三百五十回忌ニ當タ
リ所藏ノ勝壽院殿妙向禅尼御眞
影ヲ謹寫シテ石像トナシ禅尼ノ
遺徳ヲ偲ブ

昭和五十七年六月
妙願寺第十五第院家森嵩正識
07/13|森家コメント(0)TOP↑
 森蘭丸や妙向尼も登場するクッキーが可児市で発売されました。
可児市役所西館3階の経済政策課さんで販売されています。
保存料不使用で受注生産のため、欲しい方は3日くらい前に経済政策課へ電話(0574-62-1111)で注文が必要だそうです。



「可児生誕の武将たちが贈る Assorted Cookies 」
どたごぜん  :ビスコッティ
かにさいぞう :ココアアマンドクッキー
あけちみつひで:チョコチップクッキー
もりらんまる :紅茶クッキー
みょうこうに :ラスク
かに乙女   :プレーンクッキー
 
販売場所:可児市観光協会事務局(可児市役所西館3階・経済政策課内)tel:0574-62-1111
販売価格:1,050円



詳しくは
可児市経済政策課フェイスブック
(クッキー紹介、画像あり)
https://ja-jp.facebook.com/photo.php?fbid=500393056664176&set=a.468637896506359.96539.466056410097841&type=1&theater

03/28|お役立ちコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 岐阜県図書館のサイト『マルチメディア 平成の風土記 岐阜』では、以下の画像などを閲覧できます。
以下、外部サイトへリンク


『マルチメディア 平成の風土記 岐阜』
『岐阜県可児市 歴史』

兼山湊
金山城址
森蘭丸
可成寺
妙向尼
森武蔵守長可(ながよし)
森右近太夫忠政(ただまさ)




補足させていただくと、
森蘭丸のページにある「蘭丸愛用の槍の穂先」画像は兼山歴史民俗資料館に展示してあるレプリカのほうですね。本物は兼山の常照寺にあります。

妙向尼のページにある画像は妙向尼の剃髪前と剃髪後の肖像画です。もう少しきれいな画像で見たいですね。肖像画は常照寺にあります。

森武蔵守長可のページにある画像やすね当ての本物は現在、可成寺で保管されており、複写、レプリカが兼山歴史民俗資料館で展示されています。

森右近太夫忠政のページにある画像、森忠政光座像は津山市・本源寺にありますが、なんかこの画像は本物と違うような雰囲気で写っている気がします…。さらにこの座像は近年修復されて、当初に近い状態に戻ってまたイメージが変わっています。

なぜ、森可成のページを作ってもらえてないのでしょう…


 皆様、今年もお世話になりました。おかげさまで今年もよき一年を送ることができました。
来る年もモリモリしてまいりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。
12/31|森家コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

うきき

Author:うきき
戦国に生きた森一族が大好きです。
いつか戦国武将・森長可の騎馬像を鋳造するのが夢です。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR