自分用メモ。行かねば。入らねば。

湯原温泉(岡山県真庭市)


温泉寺文書
湯本にあった温泉寺(薬師堂が温泉街に残っている)文書の中に「慶長十七年に湯本村の美甘宗玄が森忠政の許しを得て温泉を開き、薬師堂を建立した。宗玄は久世町薬王寺の檀家なので、薬王寺の末寺として温泉寺と名付けた。棟札は慶長十七年、願主・宗玄」とある。また、「本尊は薬師如来であり、開祖は美甘惚兵衛、慶長十一年成就」(『湯原町史』から)とある。
江戸期から温泉の元締めをしていた湯本屋の美甘家に残る森忠政の温泉免許文書にも、「湯本請所(温泉のこと)について申し付ける。他国の者が出入りするので、諸事みだりなくするよう心得ること。当年中の請所の運上銀(税金)は、二百七十目。湯本村、惚兵衛、慶長十七年(一六一二)」と記され、温泉の起源について触れている。

(元禄の資料が示す伝承)
慶長年間になり、森忠政は(宇喜多秀家の造った)湯場を修復して訪れた。二代目藩主の長継も新たに修理した。また、その子忠継もたびたび湯治に訪れた。

『昭和40年にたどった大山道』小谷善守 津山朝日新聞社 より引用




露天風呂 砂湯(すなゆ)
砂湯はもともと平安中期の僧侶によって開かれ、初代津山藩主・森忠政が川底から湧き出る泉源を石で囲って湯船を造ったと伝えられています。

湯原温泉「菊の湯」サイト様より。
http://www.yubara-kikunoyu.com/sight/yubara_onsengai.html


スポンサーサイト
11/22|メモコメント(0)TOP↑
『太閤記銘々伝』という1878(明治11)年の書物にちょっといい感じの画風で森家の方々が登場していたのでお話のネタにご紹介します。この挿絵は浮世絵師の歌川芳春によって描かれました。


書籍データ
タイトル:『太閤記銘々伝』
著者:綱島亀吉
イラスト:朝香楼(歌川)芳春
出版年 1878(明治11)年



まずは、森可成父さん。安定感ハンパないです。
20160710-1.jpg


次は森長可アニキ。モテ男の必須アイテム「敵首」持参中。
20160710-2.jpg


森蘭丸2点セット。
光秀のもとどりをムンずとつかみ、鉄線で顔面を打ちすえ中。
20160710-4.jpg
目つきがちょっと怖いけど、お取り込み中(本能寺の変)だから仕方ないよね。
20160710-6.jpg


そして森坊丸(仿丸になってるけど)。気になる髪型。そしてこれは怒っている人の目だ。
20160710-5.jpg



番外編で坂井久蔵。蘭丸の姉・鴻野さまの元フィアンセ。これは敵の頭に刀をぶっ刺してそのまま首を「ブチッ」と引きちぎっているのでしょうか?
20160710-3.jpg

07/10|森家コメント(0)TOP↑
『近江輿地誌略(おうみよちしりゃく)』にある森家関係の項目の抜き書きです。

『近江輿地誌略(おうみよちしりゃく)』とは、膳所(ぜぜ)藩士であった寒川辰清が藩主・本多康敏の命をうけて編纂した地誌で、享保19(1733)年に完成したものです。
以下、『近江輿地誌略(おうみよちしりゃく)』より引用。

〔宇佐山城跡〕
宇佐山は錦織村の西にあり。宇佐八幡社あるを以て其號となす。此古城址二町四方許、山上に樓臺等の址顕然たり。土俗云ふ鈴木三左衛門居城の址なりと、臣按ずるに非也、元亀元庚午年五月九日信長暇を義昭に告げ京を出でゝ近江に到り、城を宇佐山に築き森三左衛門可成をして之を守らしむ。浅井長政、朝倉義景等之を攻む。同九月可成戦死の後、其臣武藤五郎右衛門及肥田玄蕃等暫く在城すと雖も戦死して遂に落城せり。 森三左衛門の事跡は坂本来迎寺の條下に記す。
〔森三左衛門墓〕
来迎寺境内にあり。森三左衛門尉源可成の墓なり。法名・心月浄翁居士といふ。嘗て可成、元亀元年九月二十日坂本合戦の時瀬戸在家の邊にて戦死す。来迎寺の住僧眞雄上人遺骸を此寺に瘞む。瀬戸は東南寺の邊をいふ。三左衛門可成は美濃蓮臺の郷士越後守重可が子也。されば朝倉の大勢宇佐山へ攻めかゝる堅田の城より織田九郎信治城主青地駿河守泰資、宇佐山の後詰せんと馳せ向ふ。三左衛門信治を打せてかなはじと打て出で朝倉勢と挑戦、朝倉孫三郎景健、山際より横鎗についてかゝる。浅井石見守・大野木土佐守長濱より渡海し是も横鎗に攻掛りければ、・織田・青地以下、前後の敵に包まる。森三左衛門今は是までと北庄土佐守景行が備へに駈入り、遂に石田十蔵が為に打たる。織田九郎にも大陽寺右馬介景春が陣に駈入り、五十嵐小太郎と指違へて死す。青地駿河守は浅井長政が備への前にて戦死せり。
〔安土古城址〕
安土山に在り。安土山高さ二町許、廻り一里半余、頂上に天守あり、今に其跡石垣等の跡顕然たり。本丸二ノ丸三ノ丸等間数高低詳に知れがたし。家康公及羽柴秀吉・武藤助左衛門・青木加賀右衛門・中條将監・武井肥後・織田信忠・長谷川竹・織田七衛・森蘭丸・福富平左衛門・市橋九郎左門・菅谷九右衛門・堀久太郎等が屋敷跡在り。安土山の内に薬師山・笛吹尾・源左衛門鼻・梅ケ谷・あみが鼻・われ尾・永尾等云ふ処あり。悉く書し難し。抑此城は織田信長下知して惟任五郎左衛門長秀奉行す。
〔桐原郷(きりはら)〕
安養寺村・東村・古川村・森尻村・中小森村・池田村・竹川村、以上七村をいふ。
〔薬師村〕
七里村の東にあり、小口村より六七町北也。昔は薬師寺とて大寺これあり、坊も六坊ありといふ。今僅かに一坊を存す。

以上、引用終了。

管理人の補足です。
〔宇佐山城跡〕宇佐山城は落城していないのに「落城せり。」と書いているし、武藤五郎右衛門や肥田玄蕃らも戦死していないのに「戦死して」しまったことになっているなど、文中には間違いもありますがそのまま書き出してみました。
〔森三左衛門墓〕森可成は比叡辻で戦死していたとされますが、ここでは「瀬戸在家の辺=東南寺あたりで死んでた」とピンポイントで書いていますね。いちおう、比叡辻の道筋にあたりますね。 瀬戸在家の辺り・・という情報は現地の人に伝承の聞き取り調査でもした結果でしょうか?何も書いていないので信憑性はわかりません。(^_^;)謎
〔桐原郷〕〔薬師村〕は森蘭丸の所領の一部です(残りの所領「西山上」と「須恵田」の記述は見つけきれず)ので、ついでに書き出してみました。





05/29|森家コメント(0)TOP↑
目下、森家の資料を整理中なのですが、今日手にした資料に小松寺(愛知県小牧市)の禁制札の写真が載っていたのでここに内容を書き出しておきます。

これは小牧長久手の戦いの折の禁制札です。
お寺が軍に荒らされないように、小松寺が森長可にお願いして軍への禁止事項を書いてもらったものです。



禁制    小松寺

一、当手軍勢乱妨狼藉之事
一、放火之事
一、山林竹木伐取之事

右條々堅令停止訖若
違背者於在之者速可處
罪科者也仍如件

天正拾弐
三月廿七日 長可(花押)





森家の下知した禁制の一覧を作りたいと前々から思っているのですが、全然手を付けていません。(^_^;)
目につき次第どんどんブログにアップしていって後で一覧を作ることにしました。
02/11|森家コメント(0)TOP↑
妙願寺(岡山県津山市)には、森蘭丸の母・妙向尼の妙願寺宛ての書状が残っています。
妙願寺宛てとは言っても、当時の初代住職・了向さんは、妙向尼にとっては外孫に当たる人です。

この書状をサイト上でずっと紹介できなかったのは、私の能力ではママンの書状がなかなか読めなかったからです。

女性の筆遣いは、女筆(にょひつ)と言われていて、『まゐらせ候』や『候べく候』などと言った独特な言い回しが使われていて、かな文字のくずし方もこれまた独特な連綿体の連続です。
古文書が読める人でも女筆の判読は苦手な人が人が多くて、つい、逃げて通ってしまうものらしく…。

で、今回は書籍(『森蘭丸とその母の流れ』森嵩正/近代文芸社)に載っている解読をほぼ参照しました。
解読文を読んだ上でなら、書状に書いてある字が私でも認識できる感じだったので…。




ふみにて申し入れまゐらせ候 いよいよそもじどの息に御くらし候はんとめで度存じまゐらせ候 さ候へば廿日の夕ほう恩講御取こしいたし度くぞんじまゐらせ候まま■義ながら参詣たのみ入まゐらせ候 めで度かしく

なほいつぞややくそくいたしまゐらせ候かけもの進め候 受け取申され候 かしく 
                                                妙向

妙ぐわんじどの
  まゐる
 




1:参考にした解読文では、意味が分かりやすいようにか解読が『息災』になっていましたが、実際の書状の文字は『息才』と読めますので、そのまま表記しました。妙向尼の書状に限らず、今まで読んだ古文書でも『息才』の字が使われていたケースがありました。妙向尼は『災』の文字を使いたくない人だったんだろうと思うので、その性格を尊重して敢えて『息才』と表記しておきます。

2:■は、文字が解読不能らしいですが、私が書状を見ると『太』に読めました。『太義』って言い方で「大儀」と同じ意味にはならないですかね…。だめ…?これまで解読不能とされている文字が、あっさり私にわかるはずないか…。

3:意味はもう少し勉強してから書きます…。

4:書状の画像は、『森蘭丸とその母の流れ』(森嵩正/近代文芸社)や『津山の文化財』(津山市教育委員会)などにありますが、今はどちらも入手しづらいようです。

01/22|森家コメント(2)TOP↑
プロフィール

うきき

Author:うきき
戦国に生きた森一族が大好きです。
いつか戦国武将・森長可の騎馬像を鋳造するのが夢です。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR