fc2ブログ
金山城を犬山城へ移築したことが書かれた古文書の“写本”が『なごやコレクション』のサイトにありました。

【なごやコレクション】
http://e-library2.gprime.jp/lib_city_nagoya/da/top



正事記(1665年) 津田藤兵衛
http://e-library2.gprime.jp/lib_city_nagoya/da/detail?tilcod=0000000005-00000070
29ページに兼山(金山)城のことがでてきます。
金山(兼山)城移築のくだりの原文を掲載しておきます。

『犬山昔は三光寺を本城とせられ今の天守の有所は白山権現立たまひけるよし。中比(ごろ)、白山をハ城より東の丸山へ移し其跡を本丸に今はなり、天守三重也。其昔は二重也しか太閤薨御之後、其の時の城主小笠原和泉守吉次の御代に濃州兼山の古城を引取て立直し三重になり、大手口惣構も其時廣く成たる由申傳ふるなり』



犬山里語記(1817年) 肥田信易
http://e-library2.gprime.jp/lib_city_nagoya/da/detail?tilcod=0000000005-00001300

58ページの『石川備前守貞清』の項目に金山の城を木曽川に流して犬山に移して天守を建て櫓を造った件が記載されているのでそのくだりの原文を記載しておきます。森左近とあるのは「右近」が正しいヨヨヨ。

慶長四年己亥秋、徳川公、金山之城主森左近大輔忠政を信州川中島へ転して金山の城ハ毀(こわし)て天守・櫓・殿宇・諸士之居宅迄(まで)石川光吉ニ賜る。翌年庚子之年之夏是を木曽川に下し悉く犬山ニ迁(うつ)す、天守を建て櫓を造、砦城とす。


95ページの『寺院 青竜山瑞泉寺』の項目に兼山(金山)城の門が寄進された件が記載されていますのでそのくだりの原文を掲載しておきます。

一、惣門、里俗、黒門と云。石川備前守御寄進之由。是ハ濃州兼山古城之御門なる由聞へける。


なお、52ページから54ページの『(御城主) 一、池田紀伊入道勝入斎』の項目に森長可が登場したので、長くなりますがせっかくなので原文を掲載しておきます。
いや、でも肝心の討死の場面が「詳しくはWEBで!」のノリで割愛されていること途中で気づいてショック(詳しくは著者が『犬山むかし物語』に書いたそうです)!…でも、せっかく活字にしたので掲載しておきます。
一、池田紀伊入道勝入斎
再主也。天正十ニ年三月十三日夜より保城二ヶ月。此時、秀吉公之大軍、宇留馬之渡りに藤橋を掛て犬山ニ入城す。其勢、凡十二万五千余騎。国侯内大臣ハ徳川公へ援兵を乞て小牧山を本陣とし、是ニ対する陣営ハ、犬山了義山徳授寺之殿堂幷塔頭之院々を借り取壊し、青塚村ニ茶臼山を築対陣とす。其外ひがしハ二重堀、村岩崎・小松寺山・外窪内窪の山々に諸勢の砦を拵、半途成楽田ニハ堀を築玉ふ。于時濃州金山(今、兼山といふ)城主森武蔵守ハ、犬山の城を池田ニ奪レたるを口惜く思ひ、如何して此恥を雪んと思ふ処ニ、秀吉公より尾藤甚右衛門使者として被仰越けるハ、今般尾張国へ発向、池田・森之両氏味方ニ属し玉らハ、幸ひ美濃・尾張・三河、此三ヶ国ハさし出置候。いつれニも両氏之軍功次第所領ニ可相渡旨
御書到来故、秀吉公犬山へ入城以前に(?)一働して敵味方之眠を醒せんと犬山へも不申談、善師野通より羽黒村旭之里ニ出張して、大川を前ニ当て陣営を構たり。かかる所へ小牧山より酒井左衛門大夫、所々順見に出玉ふ折から八幡林ニ旗さし物の陣営有るハ金山之城主森と見受たり。公ノ訴て先つ此敵を追払んと言上して、三月十七日早天より三、四将具して八幡林ニ向ひ玉ふ。森軍、利あらずして、居城金山へ敗北す。家臣野呂助左衛門と云者口惜思ひ、主君之恥を雪んと乱軍ニ駈入て戦死す。其子助三郎も戦死す。今に野呂塚といふあり。羽黒の合戦敗北と聞て犬山城中騒動す。仍て一鉄斎、軍勢を引て犬山出崎ニ出張す、今正久寺之前之所成と云。委敷ハ予が著述したる犬山むかし物語ニ筆し侍る。一説ニ此日
秀吉公犬山ニ在城と云事有。公ハ廿一日之入城也。此事不詳。秀吉公大軍を引て夫々之砦・陣所の配分有。楽田を対城とし、犬山を根城として犬山ニ御逗留有り。町人丸屋平兵衛・大阪屋吉次と云者、兼て公の御懇命を蒙りたるもの也。平兵衛、登城して御目見仕候処、御短刀一腰拝領仕候。吉次も無事成や心得呉よと上意あり。下城之折ニ吉次ニ申伝へ候処、吉次も登城して御目見あり。軍扇一握拝領す。両人共、子孫ニ伝へ侍る重宝也。可惜、明和之頃ニ両品共紛失して、今其家ニなし。長久手の御陣後、秀吉公御退城ニて加藤遠江守へ当城を御預被遊候。


スポンサーサイト



09/10|森家コメント(0)TOP↑
可児市が『可児市歴史資産シート「国史跡美濃金山城跡」』を作成したそうです。
http://www.city.kani.lg.jp/item/10134.htm

リーフレットは市役所1階のパンフレット設置箇所、可児郷土歴史館、荒川豊蔵資料館、兼山歴史民俗資料館に設置されるほか、PCでも閲覧、ダウンロードできます。

『可児市歴史資産シート』
http://www.city.kani.lg.jp/item/10134.htm

「国史跡美濃金山城跡」リーフレット(PDF)
大人向け (pdf 870KB)
子ども向け(pdf 1181KB)


05/14|森家コメント(0)TOP↑
平成4年4月1日から9月30日まで行われていた
『森蘭丸のふる里 城下町兼山を歩く』キャンペーンの時のスタンプです。
(下記の史跡解説の文章はスタンプラリーカードからの引用です。)




可成寺スタンプ
金山城二代目城主森長可が父可成の菩提のため創建。可成、可隆、長可、蘭丸、坊丸、力丸の墓が並ぶ森家の菩提寺です。
20140621c.jpg



常照寺スタンプ
金山城初代城主森可成の妻で長可・蘭丸の生母である妙向尼が亡き父の菩提を弔うため建立された寺です。
20140621b.jpg



金山城跡跡スタンプ
古城山初めて築城したのは斎藤道三の養子正義で烏ケ峰城と改称した。その後信長の命により森可成が金山城と改称し、森家三代の居城となりました。
20140621a.jpg




実はスタンプラリーポイントがほかにも
『名鉄兼山駅』
『民俗資料館』
『兼山湊』
『浄音寺』
『貴船神社』
とあったのですが、訪問時は案内人の方と一緒に行動していたのでスタンプを押しにいけませんでした。
(名鉄兼山駅のスタンプは押せたけど薄くて見えないのでアップしていません…)
06/22|お役立ちコメント(0)TOP↑
森家の故郷である兼山(岐阜県可児市兼山)で、本日、蘭丸供養祭が執り行われました。
私は残念ながら参列できませんでしたが、参列した友人が当日の兼山の画像を送ってくれました。

いつもありがとう。

20140608a.jpg

(左上画像):兼山湊と木曽川
(右上画像):可成寺の森可成公墓
(中央画像):森蘭丸・坊丸・力丸墓
(左下画像):可成寺
(右下画像):マスコットキャラクター「らんまる」
06/08|いただきものコメント(0)TOP↑
 
 森可成-長可-忠政の森一族三代の居城である美濃金山城跡(岐阜県可児市兼山)が国史跡として答申されました。
(*゚▽゚*)
これでもっと森家の素晴らしさが人々に注目され、理解されるようになってほしいですね。



国史跡として答申されました『可児市公式サイト』
http://www.city.kani.lg.jp/view.rbz?cd=4687
2013年06月21日
国(文部科学省)の文化審議会は、6月21日に開催された同審議会文化財分科会の審議・議決を経て、美濃金山城跡を国史跡として指定することについて文部科学大臣に答申しました。
この結果、官報告示後に可児市2番目の国史跡に指定されることになります。
現在は、長塚古墳が国史跡です。
 美濃金山城跡は、木曽川の左岸、古城山にある東美濃の中心的山城であり、石垣や礎石、瓦を使用した織豊系城郭の特徴をよくとどめ、慶長6年(1601)の破城の状況とともに、山城の変遷を考えるうえで重要であるとして、国史跡の評価を受けました。




美濃金山城跡、国史跡に 織豊時代の面影残す、文化審答申『岐阜新聞』
http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20130622/201306220937_20288.shtml
2013年06月22日09:37

文化審議会の21日の答申で、県内では、木曽川中流域の左岸にある東美濃の中心的な山城「美濃金山城跡(可児市兼山)」が史跡の対象に入った。答申通り告示されれば、県内では24番目、可児市内では長塚古墳(同市中恵土)に次いで2番目の指定となる。

 今回指定を受けるのは、古城山(276メートル)山頂にある城跡やその山麓約30万平方メートル。石垣や瓦を使用した織豊時代の面影を色濃く残し、城割(しろわり)の状況などもよくとどめている点が評価された。

 美濃金山城は1537(天文6)年、美濃国守護代の一族斎藤正義によって「烏峰城(うほうじょう)」として建立されたが、美濃国制圧を目指す織田信長の配下森可成が65年に城主となり「金山城」と改名。関ケ原合戦後の1601(慶長6)年、犬山城主によって破却された。

 明治維新後は御料林となり、1953年に兼山町(現可児市)に払い下げられるまで、人が出入りすることがなく、本丸の礎石や瓦、破却された石垣などが良好な状態で保存されている。

 可児市は2006年から5年間にわたり発掘調査を実施し、歴史的価値の見直しを図ってきた。冨田成輝市長は「400年以上もそのままの姿が残り、戦国時代に思いをはせることができる全国でも貴重な史跡で、市民にとっての誇り」と話している。



文化庁の発表資料『報道発表 史跡等の指定等について』(PDF)
http://www.bunka.go.jp/ima/press_release/pdf/shiseki_shitei_130621.pdf
平成25年6月21日

2 美濃金山城跡(みのかねやまじょうあと)
【岐阜県可児市】
木曽川中流域の左岸,可児市兼山(かねやま)の古城山(こじょうざん)にある戦国期から織豊期にかけて営まれた山城である。美濃国守護代の一族である斎藤氏が築き,烏峰城(うほうじょう)と呼ばれたが,永禄8年(1565)織田信長の家臣森可成(よしなり)が城主となって金山城と名称を改めたとされる。嫡子長可(ながよし),忠政と森氏が35年間にわたって城主をつとめ,織豊政権下の東美濃支配の拠点となった山城で,慶長6年(1601)に破城されたとされる。
山上の最高所(標高276m)に主郭を設け,その東,南,西に続く尾根筋に,曲輪群(くるわぐん)を配置している。北麓部には米蔵(こめぐら)跡と伝承される曲輪が存在する。発掘調査の結果,4棟の礎石建物が検出された主郭をはじめ,各曲輪に川原石を用いた礎石建物が存在することが明らかとなった。出土遺物には土師器(かわらけ),瀬戸美濃産陶器(碗,皿,鉢等),中国製磁器,瓦等があり,最盛期と考えられる16世紀後半には10の曲輪に礎石建物が存在していた。また,主郭には瓦葺の建物が存在していた。美濃金山城跡は江戸時代において留山(とめやま)として後世の改変があまり加わらず,破城の様子をよくとどめている点でも価値が高い。瓦の導入や石垣の構築等織豊系城郭の特徴をよく示し,山城の変遷を考えるうえで重要な遺跡である。
06/23|森家コメント(0)トラックバック(1)TOP↑
プロフィール

うきき

Author:うきき
戦国に生きた森一族が大好きです。
いつか戦国武将・森長可の騎馬像を鋳造するのが夢です。

カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR