国立国会図書館のデジタルコレクションで 『本朝鍛冶考』を閲覧することができます。
この中には森長可の愛鑓 『人間無骨』、および森蘭丸が織田信長公より拝領の刀剣『貞宗作の刀』のことも書いてあります。

書名:『本朝鍛冶考 』(ホンチョウ カジコウ) 鎌田魚妙 撰.
出版:近江屋平助 ; 河内屋徳兵衛, 嘉永4 [1851]
形態/付属資料 12冊 ; 25cm. 和装.


なお、このページでご紹介する画像はすべて国立国会図書館ウェブサイトから転載したものです。



森長可の愛鑓『人間無骨』

まずは、
「ぼくも、わたしも、みんな、あなたに切られたかった(or 刺されたかった)_______。」
で、おなじみの森長可公の愛鑓『人間無骨』です。
サイズや穂先の詳細が書かれています。図は表面で「人間」と彫られていて、裏面には同じ箇所に「無骨」と彫られているとのこと。

以前、私が北九州市立図書館でコピーしてきたこの図を某資料館の館長さんにお見せしたところ、この図を参考に発砲スチロールでまったく同サイズの穂先を作成なさいました。そしてそのしあげとして発泡スチロール人間無骨にシルバーのカラースプレーをかけたところ、「溶けた。」とのことでした。
さすが人間無骨!なんと、まぁ恐ろしきことよ!はっはっはっ!
(あ、その後また新たに作り直しされたそうです。)
20170507a.jpg
『本朝鍛冶考 戌亥』人間無骨 画像引用元URL(http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2563727/29




森蘭丸が織田信長より拝領の相州貞宗作の刀
 お次は貞宗作の刀です。
『本朝鍛冶考』には刀剣の図と解説とが2ページにわたって掲載されています。
1ページめ
↓貞宗作の刀とは、2番目と3番目のイラストの『相州貞宗作 長如図』)のことです。
刀が上下半分に分かれて表示されているので脳内で
『シャキーン!カシーン!合体!』
と結合させてご鑑賞ください。
ところで『相州貞宗作 長如図』の「長如」って何なのでしょうか?刀の銘でしょうか?これまで誰もここに触れてくれてないのでわかりません。
20170507b.jpg
『本朝鍛冶考 戌亥』貞宗 画像引用元URL http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2563727/35

なお、1番右のイラストの刀は”志津三郎兼氏”作の刀で、解説によればこの刀も森家に伝わる重器で、しかも蘭丸の貞宗作の刀とは対になる存在だそうです。また、貞宗の刀の制作の模範となった刀でもあるそうです。
…と、解釈したのですが、合っているでしょうか。(私の解釈ミスで嘘ついているかもしれません。)


2ページめ
このページの始まりの最初の2行がさきほどの『相州貞宗作 長如図』に対する解説で、それ以降の図や文章はまったく別の刀剣について書かれています。
20170507c.jpg
『本朝鍛冶考 戌亥』貞宗 画像引用元URL http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2563727/36

さきほど、志津三郎兼氏の刀についても生意気に解説してしまったついでにこの最初の2行の内容をわかりやすく書きなおしますと
『この貞宗は永禄頃、平(織田)信長公森蘭丸へたまふ所にてその後代々かの家(森家)に伝えられ、右の志津刀に対せり、実(は)この作の模範なり。』
とのことです。

スポンサーサイト
05/06|森家コメント(0)TOP↑
このたび津山郷土博物館より、『学芸員が作った津山城の本』(A5版 80ページ 800円 )が発刊されました。

私は本日入手して読み終えました。
オールカラーで表紙もツヤツヤです!
20150420.jpg


津山城主であった森家や松平家のことや津山城の築城から廃城のことまでを難しい専門用語抜きで、わかりやすくまとめてありました。1時間から2時間で読めてしまうけれど、知らなかった話も結構あって読んでよかったと思える一冊でした。

江戸時代当時でも、津山城の堀土手に登って遊んでしまう子供たちがいたそうです(笑)。

ご参考までに、本書の内容を掲載しておきます。



目次

1. 津山城の城主
2. 津山城の築城
3. 津山城の構造
4. 津山城の水回り
5. 津山城の堀
6. 津山城の管理
7. 津山城の建物
8. 津山城の石垣
9. 津山城の武器
10. 津山城の食糧
11. 津山城の引き渡し(森家)
12. 津山城の拝領(松平家)
13. 津山城の火災
14. 津山城の廃城
15. 津山城の保存




この本は津山郷土博物館や津山市内の書店で販売されているそうですが、直接購入することができない方も、送料を払えば津山郷土博物館からお取り寄せできます。

URLをはっておきますね。
津山郷土博物館
http://www.tsu-haku.jp/
『学芸員が作った津山城の本』頒布開始のお知らせ
http://www.tsu-haku.jp/untitled48.html
04/20|お役立ちコメント(0)TOP↑
岐阜県可児市兼山の和菓子屋さん『梅園』さんで昔売っていた和菓子『森三左衛門可成』のパッケージです(今は取り扱っていないと思います)。
栗ようかんだったかな?
白肌美人の森可成公パッケージとなっております。
一緒に描かれているお城はやはり金山城なのでしょうか?






07/28|雑記コメント(0)TOP↑
20140706

 かれこれ10年以上前に兼山(岐阜県可児市)の和菓子屋さん(梅園さん)で購入した『森武蔵あめ』のラベルです。

『森武蔵あめ』本体は、たしかナッツ入りの茶色い飴だったような気がしますが、10年以上前のことなので記憶ミスで嘘を書いてるかもしれません。とりあえず、美味しかったです。

今はもう販売していないので、残念です。
飴を1個くらい食べずにとっておけばよかったのですが…。




07/06|雑記コメント(0)TOP↑
平成4年4月1日から9月30日まで行われていた
『森蘭丸のふる里 城下町兼山を歩く』キャンペーンの時のスタンプです。
(下記の史跡解説の文章はスタンプラリーカードからの引用です。)




可成寺スタンプ
金山城二代目城主森長可が父可成の菩提のため創建。可成、可隆、長可、蘭丸、坊丸、力丸の墓が並ぶ森家の菩提寺です。
20140621c.jpg



常照寺スタンプ
金山城初代城主森可成の妻で長可・蘭丸の生母である妙向尼が亡き父の菩提を弔うため建立された寺です。
20140621b.jpg



金山城跡跡スタンプ
古城山初めて築城したのは斎藤道三の養子正義で烏ケ峰城と改称した。その後信長の命により森可成が金山城と改称し、森家三代の居城となりました。
20140621a.jpg




実はスタンプラリーポイントがほかにも
『名鉄兼山駅』
『民俗資料館』
『兼山湊』
『浄音寺』
『貴船神社』
とあったのですが、訪問時は案内人の方と一緒に行動していたのでスタンプを押しにいけませんでした。
(名鉄兼山駅のスタンプは押せたけど薄くて見えないのでアップしていません…)
06/22|お役立ちコメント(0)TOP↑
プロフィール

うきき

Author:うきき
戦国に生きた森一族が大好きです。
いつか戦国武将・森長可の騎馬像を鋳造するのが夢です。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR