FC2ブログ
今年も博多祇園山笠の時期がやってきました。
千代流(ちよながれ)の飾り山が本能寺の変を標題にしたものだったので見に行きました。


全体的な飾り山の画像です。
森蘭丸が鑓を奮って敵の安田作兵衛を突き落としています。

20190706a.jpg

看板に書いてあった飾り山の説明


一番山笠 千代流
飾り山 見送り 時今也桔梗旗挙(ときはいま ききょうのはたあげ)


戦国の世に「天下布武」を唱え天下統一を目指した織田信長、家臣を縦横無尽に動かし東へ西へと領土を拡げていきました。特に羽柴秀吉と明智光秀に対しては、彼らの際に期待するあまり過酷なまでに駆使していました。
ついに耐えられなくなった光秀は謀反を決心し、信長が百人程の家来と京の本能寺に宿泊しているところを急襲、奮戦する小姓の森蘭丸らを打ち破り、信長を自害させました。
その時の光秀の家臣、安田作兵衛と森蘭丸の一騎打ちは古来より有名です。また、上部の紫の衣装の光秀は歌舞伎「馬盥(ばたらい)」で謀反を決心する場面です。



本能寺で奮戦する森蘭丸と織田信長。
炎が燃え盛っております。
信長の視線が森蘭丸に向かっているのがいいですね。
『儂(わし)よりマジ怒ってる…』
20190706-b.jpg

怒髪冠を衝く、な勢いの森蘭丸。
20190706-c.jpg



博多祇園山笠公式サイト
https://www.hakatayamakasa.com/
【飾り山笠】 一番山笠 千代流
https://www.hakatayamakasa.com/105948.html
スポンサーサイト
07/07|イベントコメント(0)TOP↑
「桶狭間の合戦」古戦場伝承地のひとつ、愛知県豊明市。
その、豊明市にある『マリーヌ洋菓子店』で桶狭間の合戦に関連した武将にちなんだ「戦国武将どーなつ」が販売されていて、その中の一種類が森可成になっております。
森可成のイラスト入りの化粧箱があるというので、そのためにどーなつ18個入りを箱買いしました。

包みも鶴丸紋つき!鶴丸紋部分は切り抜いて使うよ!裏面に両面テープ貼ってシールにリサイクルするよ!
期待に胸が高鳴る!!
20190608-183600-0.jpg

これが森可成の化粧箱です!!!この中に、戦国武将どーなつが敵味方の別なく入っているのです。
さて、中身は!
20190608-183620-0.jpg

戦国武将どーなつ
箱に詰めてあるのを撮り忘れたけど…。
私が買ったのはこの武将たち。
森可成どーなつは幸せのために10個買いました。

20190608-183918-0.jpg

「戦国武将どーなつ」のラインナップ(現在)はこんな感じでした。

織田信長:プレーン
今川義元:いちご
前田利家:メープル
岡部元信:オレンジ
柴田勝家:チョコ
豊臣秀吉:抹茶
徳川家康:シナモン
織田信長:(3-8月 春夏限定)チョコバナナ
森可成 :(春夏限定)クランベリー
本多忠勝:(春夏限定)トマト
坂井忠次:(春夏限定)メロン
鳥居元忠:(春夏限定)桃
井伊直盛:(9-3月 秋冬限定)柚子
池田恒興:(秋冬限定)いちじく
佐々成政:(秋冬限定)栗
織田信長:(秋冬限定)柿
蜂須賀小六:(秋冬限定)焼芋

すごいですね。
もはや岡部元信とか、後世に自分がドーナッツになって販売されるとはゆめゆめ思っていなかったでしょう。いや、森可成クラスでも、後世に自分がドーナッツになって販売されるとはゆめゆめ思っていなかったでしょう。まぁ、織田信長のような天下人クラスなら、後世に自分がドーナッツになって販売されるくらいはやすやすと想像ついていたでしょうけどね!
一応森家とも親戚な池田恒興(森長可の岳父)どーなつも欲しかったのですが、秋冬限定で販売されていませんでした…。

気を取り直して、これが、春夏限定の森可成どーなつです。
20190608-183937-0.jpg

20190608-190209-0.jpg

森家の家紋・鶴丸紋にちなんで『クラン(鶴)ベリー』だそうです、なるほど。
宇佐山城で千名で食い止めるも戦士
いいんです、森可成は希代まれなるかっこいい戦士なのですから。
後世にどーなつになるも戦士。
クランベリー味になるも戦士。

続いて、「~桶狭間合戦物語 一番槍パイ」
20190608-184037-0.jpg

栞に槍の名手ということで森可成も紹介されています。シルエットがかっこいいです。ついつい、刺されたくなります。
20190608-190128-0.jpg


非売品と言われた森可成ポストカードも(色々あって)つけていただけました。
20190608-183739-0.jpg


非売品と言われた森可成のアクリルスタンドフィギャも色々あって、実費で作っていただくことができました。
20190608-183846-0.jpg

森可成に囲まれて幸せ気分で、しばらくは生き延びられます(戦国武将どーなつの賞味期限は10日)。
20190608-184745-2.jpg




マリーヌ洋菓子店
愛知県 豊明市新田町下一の割 72-11
http://cake-east.com/malines/




06/09|お役立ちコメント(0)TOP↑
スキマというサイト(違法サイトではありません)で、マンガ『森一族』が全話無料で読めます。

スキマ サイト

https://www.sukima.me/


『森一族 もう一つの忠臣蔵』
(作)久保田千太郎(画)ほんまりう

https://www.sukima.me/book/title/gomabooks0000213/

主人公は森長直ですが、森長可や森蘭丸も登場します。(登場するかも?)



ついでに、池上遼一センセの絶品『信長』も無料です。

『信長』
(作)工藤かずや (画)池上遼一

https://www.sukima.me/book/title/BT0000424638/

「彼氏にしたい織田信長2019~つきあうならどの信長?~」投票をすると確実に殿堂入りしそうなカッコイイ織田信長です。
大人の事情で読めなかったマボロシの最終回も読めますよ。
06/08|お役立ちコメント(0)TOP↑
第80回(再興して4回目)の『美作国万灯会』のお知らせです。

『第八十回 美作国万灯会』
◆日時: 2019年6月29日 18:00~20:30
◆場所: 本源寺(岡山県津山市小田中1373)
◆拝観料・演奏料: 無料
◆献灯料: 500円(※希望者のみ)
◆出店: 軽食・喫茶・かき氷ほか

チラシ表
20190608b (2)



津山藩 森家菩提寺
東海山本源寺 特別拝観


■特別拝観
◆日時:2019年7月1日(日)-7月7日(日) 10:00-16:00(7日は午後のみ)
期間中は、お抹茶とお菓子をご用意しております。

■初代津山藩主 森忠政公 毎歳忌法要
◆日時: 2019年7月7日(日) 10:00- 
◆場所:本源寺本堂にて
法要後、特別講演を開催いたします
◆特別講演
講師/津山郷土博物館長 小島徹さん
~津山藩森家時代の話~(無料)

どなたでもお参りできます
森忠政公の守り本尊、千手観音菩薩像(高さ五寸五分)を、特別に御開帳いたします。


チラシ裏
20190608b (1)

06/08|イベントコメント(0)TOP↑
『GIVING UP THE GUN: Japan's Reversion to the Sword, 1543-1879』というノエル・ぺリン(Noel Perrin、アメリカ人、1979年)の著作を読んでいたら、予期せず森長可が出てきたのでびっくりしてしまいました。
この書籍の内容自体は、『16世紀後半の日本は西欧国にあらずして唯一鉄砲の大量生産に成功して、鉄砲大国になった。なのに、江戸時代になると日本人はなぜか鉄砲を捨て、再び刀剣に回帰した。』というジャパニーズ軍縮の奇跡を検証するもので、戦場で刀を振るう武将・森長可と鉄砲で応戦する下級武士(足軽)が引き合いに出されています(汗)。
内容の正誤はともかくも(…どうもこの著者は、森長可が鉄砲に刀で応戦しようとしていたと考えて書いたのではないのか…と、いう不安にかられます。著者の想像による場面を検証材料にしたりして色々とツッコミたくはなるのですが)抜き書きしておきます。
なお、日本語訳は私がしました…たぶん、これで合ってると思います

(原題)『GIVING UP THE GUN: Japan's Reversion to the Sword, 1543-1879』
(日本語訳)『銃を捨てる ~日本の刀への回帰~1543-1879』ノエル・ペリン



(英語原文)p.25-26
This attempted division of warfare into upper-class fighting with swords and lower-class fighting with guns did not, of course, work. The two methods kept colliding. The death of Mori Nagayoshi,in 1584, is typical. Lord Mori, who was wearing full armor with a kind of white silk jupon over it, and who thus made an extremely conspicuous target, persisted in riding out in front of his troops to rally them. He probably waved his sword. A matchlockman took careful aim at his head and knocked him off his horse dead, aged twenty-seven.

(日本語訳)
身分の高い武士の「刀」による戦い、下級武士の「鉄砲」による戦い、という戦い方の住み分けの試みはもちろん、うまくいかなかった。刀か、鉄砲か、この二つの武器は衝突し続けた。1584年の森長可の死はその典型である。武将・森長可は甲冑に身を固め、その上に白い絹の陣羽織りを羽織っていたので極端に目立つ攻撃目標となった。彼は自軍を奮い立たせるために、その先鋒に立つことにこだわっていた。恐らく彼は刀を振りかざしたであろう。鉄砲隊の男が長可の頭に注意深く狙いを定め、馬上の長可を撃ち落とした。享年27歳だった。



(英語原文)p.80
The idea of turning back the clock has, of course, occurred to men in the West many times. Bayard___who, like Lord Mori Nagayoshi, died of a bullet wound___ would have been only too happy to.

(日本語訳)
時計が逆戻りすればという思いは、もちろん西洋の人間にもたびたび去来した。森長可と同様、ベイヤードも弾丸の傷がもとで亡くなったが、時間が戻ったならどんなにか幸せであっただろう。



貼り付け方がよくわからないくせに、google books のページを貼り付けておきます。


Giving Up the Gun: Japan's Reversion to the Sword, 1543-1879
by Noel Perrin
05/05|森家コメント(0)TOP↑
プロフィール

うきき

Author:うきき
戦国に生きた森一族が大好きです。
いつか戦国武将・森長可の騎馬像を鋳造するのが夢です。

カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR