FC2ブログ
『GIVING UP THE GUN: Japan's Reversion to the Sword, 1543-1879』というノエル・ぺリン(Noel Perrin、アメリカ人、1979年)の著作を読んでいたら、予期せず森長可が出てきたのでびっくりしてしまいました。
この書籍の内容自体は、『16世紀後半の日本は西欧国にあらずして唯一鉄砲の大量生産に成功して、鉄砲大国になった。なのに、江戸時代になると日本人はなぜか鉄砲を捨て、再び刀剣に回帰した。』というジャパニーズ軍縮の奇跡を検証するもので、戦場で刀を振るう武将・森長可と鉄砲で応戦する下級武士(足軽)が引き合いに出されています(汗)。
内容の正誤はともかくも(…どうもこの著者は、森長可が鉄砲に刀で応戦しようとしていたと考えて書いたのではないのか…と、いう不安にかられます。著者の想像による場面を検証材料にしたりして色々とツッコミたくはなるのですが)抜き書きしておきます。
なお、日本語訳は私がしました…たぶん、これで合ってると思います

(原題)『GIVING UP THE GUN: Japan's Reversion to the Sword, 1543-1879』
(日本語訳)『銃を捨てる ~日本の刀への回帰~1543-1879』ノエル・ペリン



(英語原文)p.25-26
This attempted division of warfare into upper-class fighting with swords and lower-class fighting with guns did not, of course, work. The two methods kept colliding. The death of Mori Nagayoshi,in 1584, is typical. Lord Mori, who was wearing full armor with a kind of white silk jupon over it, and who thus made an extremely conspicuous target, persisted in riding out in front of his troops to rally them. He probably waved his sword. A matchlockman took careful aim at his head and knocked him off his horse dead, aged twenty-seven.

(日本語訳)
身分の高い武士の「刀」による戦い、下級武士の「鉄砲」による戦い、という戦い方の住み分けの試みはもちろん、うまくいかなかった。刀か、鉄砲か、この二つの武器は衝突し続けた。1584年の森長可の死はその典型である。武将・森長可は甲冑に身を固め、その上に白い絹の陣羽織りを羽織っていたので極端に目立つ攻撃目標となった。彼は自軍を奮い立たせるために、その先鋒に立つことにこだわっていた。恐らく彼は刀を振りかざしたであろう。鉄砲隊の男が長可の頭に注意深く狙いを定め、馬上の長可を撃ち落とした。享年27歳だった。



(英語原文)p.80
The idea of turning back the clock has, of course, occurred to men in the West many times. Bayard___who, like Lord Mori Nagayoshi, died of a bullet wound___ would have been only too happy to.

(日本語訳)
時計が逆戻りすればという思いは、もちろん西洋の人間にもたびたび去来した。森長可と同様、ベイヤードも弾丸の傷がもとで亡くなったが、時間が戻ったならどんなにか幸せであっただろう。



貼り付け方がよくわからないくせに、google books のページを貼り付けておきます。


Giving Up the Gun: Japan's Reversion to the Sword, 1543-1879
by Noel Perrin
スポンサーサイト
05/05|森家コメント(0)TOP↑
可児市観光交流会館(岐阜県可児市兼山) 
20180603-kaikan.jpg

平成30年4月にリニューアルオープンした「可児市観光交流館(旧・活き活きプラザ)」には、美濃金山城跡の縄張図スタンプが置いてありまして、自由に押せるようになっています。
自由に押せるというのは、紙に自由に押せるだけで、
「お腹に押したい」
「夜の校舎 窓ガラス壊してまわった そのガラスにスタンプ押したい(by尾崎豊)。」
などはできません(受付で聞いてみないとわからないけどたぶん不可)。

スタンプ本体の写真を撮影するのをうっかり忘れてしまいましたが、シャチハタ製でした。

今回なんとなく、その印影をブログに掲載します。
これら(↓以下 画像)は私が兼山を訪問した時に紙にスタンプしておいたものを自宅に持ち帰ってスキャンしたものです。
このすごいケバ線をみんなで一緒に数えないと、なんかもったいないですしね!

20180731143240_ページ_3

20180731143240_ページ_2

本当はスタンプ本体が欲しかったのですが…お高いらしいです、持ち出し禁止です。館内でお楽しみください。


07/31|お役立ちコメント(0)TOP↑
前回に引き続き、また阿夫志奈神社(岐阜県加茂郡川辺町上川辺)の話題になります。

→前回ブログ『阿夫志奈神社と森蘭丸と宇宙と

20180603d.jpg
阿夫志奈神社(あぶしなじんじゃ)
この境内の北東には、米田城主・肥田玄蕃の息子である長寿丸の墓があります。
やぶ蚊に刺されつつ、お参りしてまいりました。

20180603c.jpg
肥田長寿丸の墓
言い伝えで、長寿丸の墓とされてきたものです。
側にあった説明看板の内容を下に書きだします。
20180603e.jpg



(説明看板より引用)

肥田玄蕃允の息子 長寿丸の墓

天正十年六月兼山城主森武蔵守は軍勢を率いて福島城に攻め寄せた。その夜福島城では祝事が終わり家中退出した後であった。玄蕃允は敵情を知ると応戦を諦め、二、三人の家来と奥方を連れて天子の渡しまで脱出した。
一方 馬串山城に居た長寿丸は父の居る福島城の異変を聞きつけ、家来を連れて城に駆けつけた。しかし時既に遅く、父玄蕃允は城を落ちのびた後であった。長寿丸は追い来る兼山勢を斬り抜けて、父母の後を追ったが、後から鉄砲で左脇腹を撃ち抜かれた。重傷を負いながらも長寿丸は、天子の渡しで父母に追いつくと、力尽きて息を引取った。主従は嘆き悲しみ「敵に首を渡せば一門の恥」と言うと船番が「ここは天子野と言う所で建仁の昔岐阜に移られた二階堂山城守行政殿の居城跡です。此の尊い土地に葬られたがよいでしょう」と言うので、玄蕃允は涙乍(ながら)に此の地に長寿丸を葬った。
奥方は悲しみと疲労で倒れたが、天王様のお手水を頂いて息を吹き返した。奥方は上川辺にかくまわれている中に乙姫神社を再建し、深く信仰した。
勇気は人に優れ、孝心殊に篤かった長寿丸は此の地に静かに眠っている。
「肥田軍記に依る」 阿夫志奈神社特別調査委員会

(引用終了)


説明にあるとおり、”勇気は人に優れ、孝心殊に篤かった”長寿丸はこの神社の杜の中で静かに眠っているのですが、なぜかその墓の横はオシャレでファンシーなカフェ庭園なのでありました(カフェと神社の間に壁がない不思議空間)。

ときに長寿丸、二十八歳。
長寿じゃないね。
世は無常だね(森長可のせいだけど)。


わが子を失った肥田玄蕃はそのまま近隣の加治田城(親戚がいる)へ逃げ、兵を借りて再び森軍とぶつかり合うのですが、やっぱり玄蕃は森長可の敵ではなく、またしても敗退してしまいます。
調子こいた森軍に郡上八幡城まで追っかけてこられてしまうのは、それはまた別のお話。

07/09|森家コメント(0)TOP↑
阿夫志奈神社(岐阜県加茂郡川辺町上川辺)に参拝してまいりました(2018年6月3日)。
森家の故郷である兼山から車で15分ほどのところにあります。


20180603a.jpg
阿夫志奈神社(←うーん、読めない!)

阿夫志奈神社は「あぶしな じんじゃ」と読むそうです。
弘仁2年(811)、天下を襲った疫病の平癒祈祷のために建設されたと言われています。
ここには、『森蘭丸の棟札』と言われるものがあり、それを特別に見せていただきました(普段は社務所は無人となっております)。

「森蘭丸の棟札」とは?

川辺町のサイトで『川辺町史』(平成8年)を閲覧することができ、「森蘭丸の棟札」についても説明されています。
棟札画像もここでチェックできます。
↓↓
『川辺町史 通史編 第二章 古代・中世』
http://www.kawabe-gifu.jp/?page_id=12750

阿夫志奈神社の森蘭丸の棟札については134ページをご覧ください。


『川辺町史』(引用開始)
本能寺で信長とともに討死した森蘭丸は、永禄八年(一五六五)金山城内で生まれたといわれている。しかし、川辺町上川辺地区にある阿夫志奈神社の棟札には、次のような記述がある。(棟札画像)

維時永禄七年
奉寄進御幕壹張 大願主森蘭丸源長定
甲子二月吉日

これによると蘭丸出生のさい、幕一張を阿夫志奈神社に寄進したとあり、生年は永禄七年(一五六四)で、一年早く出生したことになる。生年の記載誤りとすれば、十干十二支の甲子との関係が説明できない。七年と十干十二支は合致しているからである。当時の文献的な生年の記録は、必ずしも正確なものとはいえず、少なくとも出生のさいの神社への寄進は、神仏崇拝の観念から、正しいものといわざるをえないのである。今後の研究に待ちたい。

(引用終了)


この棟札を根拠に、「森蘭丸 永禄七年出生説~本当は19歳で討死したのかも~」もあるようです。

しかし、この棟札に書かれた文字のどの部分に「蘭丸出生のさいのもの」と解釈できるものがあるのか(私には)わかりません。そこまでは書いて無いような気がします。書いてないですよね?どなたか、書いてないよ、大丈夫だよってコメントしてください。

ちなみに、正式な文書として残る『阿夫志奈神社由緒記(明治12年)』には森蘭丸の棟札のことは登場しません。

棟札に書かれた文字を改めて確認してみます。

維時永禄七年
奉寄進御幕壹張 大願主森蘭丸源長定
甲子二月吉日


「維(これ)時 永禄七年
寄進(きしん)奉(たてまつ)る 御幕(まく)一張(ひとはり) 大願主 森蘭丸源長定
甲子二月吉日」

先入観を取り除いて解釈すると、この棟札は「大願主 森蘭丸源長定」とかなっているからには、ほかならぬ森蘭丸本人が願主となって永禄七年に幕を一張奉納しているという事なのではないのでしょうか。(定説に従えば、蘭丸当時マイナス1歳)
だったら「蘭丸もっともっと年輩説~私はおっさんだったのかも~」を出していいのでしょうか。
しかし、そもそも森蘭丸本人とその関係者が実際に名前に「蘭」という字を使っている形跡はないし(本人や信長の書状では「蘭」ではなく「乱」)、そして「長定」は恐らく本人は使ったことがない諱なので、ここに書かれた「森蘭丸源長定」はいったいどういうことなのでしょうか。
そして、奉納されたはずの幕はいったいどこへ?!
現存すれば、その幕でぐるぐる巻かれたいファン続出でしょうが(←幕の本来の用途とは違います)、残念なことに幕は現存しません。

見せていただいた宝物の「森蘭丸の棟札」はもう墨の色が失われていて、読みづらくなっていましたが、木の表面の墨書きの跡が凹凸に浮きあがっていてそれで何が書いてあったか奇跡的にわかるような感じでした。
裏面を確認してみましたが、やはり何も書いてなかったです。
『戦国ピーマンを食べれるようになりますように』とか、『戦場かけっこで優勝できますよう、その祈願ために幕を奉納』などの願主の具体的な願い事が書かれていてもよいと思うのですが、書かれていませんでした。

ここで更に私の仮説に基づいてこの棟札について色々検証してみたいと思っていたものの、我には知識がないのでそれは無理であり、それよりも社務所の壁にさりげなく貼ってあった報告書にクリビツいたしました。

日本原子力研究開発機構東濃地科学センターさんが「蘭丸の棟札」の木材に含まれる炭素を加速器質量分析装置で測定して(放射性炭素年代法)、作成年代を予想していたのでありました。

放射性炭素年代法とは、”宇宙放射線による核反応でつくられた放射性炭素(14C)を用いて年代を測定する方法”だそうです。森蘭丸の棟札の木材に含まれる放射性炭素の濃度を測定して作成年代が割り出されました。

宇宙放射線のおかげで森蘭丸の棟札の作成年代がわかったということです、奥様。
なんて壮大な展開!!!!
なんてすごいオチ!!!
Σ(゜□゜;

その内容がこちら。


(阿夫志奈神社 社務所に貼られていた 日本原子力研究開発機構 東濃地科学センターポスターより引用)

阿夫志奈神社には、この地域にゆかりの深い森蘭丸に関係する寄付名板が納められていました。
森蘭丸が誕生した時に寄進した御幕壹張の寄付名板で、永禄7年(1564年)2月に寄進されたと書かれています。この名板が森蘭丸誕生当時のものであれば、非常に価値の高いものとなります。そこで、この名板の年代を推定することとなりました。

【測定結果】
木材の年代 1673~1697年
年輪を考慮して板両角を測定した結果、名板は、17世紀後半の木で作られたと考えられます。名板に記載されている幕の奉納時期は1564年ですので、残念ながら名板は奉納時期のものではなく、江戸時代以降に作り直されたものと思われます。

(引用終了)


日本原子力研究開発機構 東濃地科学センター
https://www.jaea.go.jp/04/tono/
地層研ニュース「阿夫志奈神社の奉納物や本殿の年代測定を行いました」
https://www.jaea.go.jp/04/tono/miu_news/tisouken_news2307.pdf





日本原子力研究開発機構 東濃地科学センターさんは「棟札」という言い方はせずに、「寄付名板」として紹介してあります。
そして、『江戸時代以降に作り直されたものと思われます。』という調査結果に納得。
とりあえず、現存の棟札(寄付名板)そのものは森蘭丸が書いた(書かせた)可能性はなくなりました。
後世の神社関係者が『永禄七年に森蘭丸から幕を一張(はり)寄進を受けた』宝物の証が失われないように、棟札(寄付名板)を新調したか、改めて作り直したか、ということでしょうか。その時に、「森蘭丸源長定」という名前が彼の正式名として関係者によって選択されたのかもしれません。そしてもしかすると、もともとのオリジナル棟札(寄付名板)には、裏面に願主の祈願したことなどの詳細も書いてあったりしたのかもしれません。

06/25|森家コメント(0)TOP↑
自分用メモです。
このお話は書籍で一回きりしか目にしたことがないのですよね…。



安土の亡霊

本能寺の変の際、信長は白の一重といういで立ちで鑓をふるい、明智方と戦ったが、かつて安土城が聳え立っていた滋賀県安土町の城跡などには、白の一重で鑓をふるう信長の亡霊が現れるとされる。また、城跡には白蛇が棲むとも喧伝されるが、これは本能寺の変で横死した小姓の森蘭丸長定に恋い焦がれた娘が、白蛇に化身したものとされ、信長の亡霊や白蛇を目にした者には祟りがあるという。



『別冊歴史読本82 一族シリーズ 織田一族のすべて』(新人物往来社 1998年8月27日発行)
「織田一族の伝説」より引用





05/08|メモコメント(0)TOP↑
プロフィール

うきき

Author:うきき
戦国に生きた森一族が大好きです。
いつか戦国武将・森長可の騎馬像を鋳造するのが夢です。

カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR